ポイント投資

ポイント投資5社を徹底比較。自動積立が出来るのはどこ?メリットもデメリットも全て分かる。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
ポイント投資は取っ掛かりには最適

Tポイントや楽天ポイントなどで投資をする「ポイント投資サービス」が増えています。

投資に使えるポイントは様々です。

それぞれのポイントは、それぞれの投資サービスで利用できます。
SBIネオモバイル証券 口座開設
当記事では、主要ポイントを利用したポイント投資サービスを徹底比較します。

必要なポイント数、自動積立の有無など、ポイント投資サービスで違いがあります。自分にあったポイント投資を見つけてください。

投資資金を貯金や給与から捻出するのに抵抗がある人は多いと思います。投資にはそれなりの資金が必要になりますし、ハードルが高いのも事実です。

ポイント投資は普段の買い物で溜まるポイントを投資に回すため、小額から気軽に始めることが可能なことが最大のメリットです。

この記事で分かること。

  • 主要ポイント投資サービスの比較
  • ポイント投資サービスのメリット、デメリット

主要ポイント投資の比較

この記事ではポイント投資の選択肢を網羅するため、5つのポイント投資を比較します。

比較するポイント投資サービスは「Tポイント(SBIネオモバイル証券)」「楽天ポイント(楽天証券)」「Pontaポイント(Stock Point)」「dポイント(NTTドコモ)」「セゾンポイント(Stock Point)」の5つです。

次の観点で比較します。

  • 投資対象と投資方法
  • 手数料(費用)
  • 必要なポイント(金額)
  • 株主優待、配当金
  • 積立投資の有無

これらの点を考慮して、自分に合った投資を選択してください。

ポイント投資サービス一覧

ポイントの種類と、ポイント投資の提供会社の一覧をまとめます。

ポイント種類 ポイント投資提供会社
Tポイント SBIネオモバイル証券
Pontaポイント Stock Point
dポイント NTTドコモ
楽天ポイント 楽天証券
永久不滅ポイント(セゾンポイント) Stock Point

対象のポイントが貯まらない生活スタイルであれば投資ができませんので、普段使いでポイントが溜まるものを選ぶのが良いです。あるいは、投資用に新しいポイントを貯めるのもいいと思います。

パターンは次の2つが考えられます。

  1. 普段使って「いない」ポイントを投資に回す
  2. 普段使って「いる」ポイントを投資に回す

「普段使っていないポイント」を使うのは、ポイントの有効活用(ポイントを無駄にしない)になるので、是非とも実践したいです。

「普段使っているポイント」を使うと、買い物等にポイントを使えなくなりますが、積極的にポイント投資をしたい場合にお勧めです。

基本的には「まず使っていないポイント」を投資した後、さらに投資をしたいなら「使っているポイント」も投資に回すのが良いと思います。

新しいポイントを貯めることを考えるなら、お勧めは「dポイント」です。

NTTドコモの関連サービスで幅広く利用でき、ポイントも貯まりやすいです。ドコモ携帯ユーザ以外も利用できます。

(参考)dポイントが貯まる・使える一覧

  • 使っていないポイントで投資して有効活用(無駄にしない)
  • 使っているポイントで積極的に投資

投資対象と投資方法

それぞれのポイント投資の比較に入ります。

「何に」「どんな方法で」投資をするのかを比較します。

ソフトバンクや三井住友銀行など、個別の株式を直接購入するタイプ、投資信託に連動するポイントを購入することで間接的に投資するタイプなど、投資方法が異なります。

ポイント投資 投資対象 投資方法
Tポイント 個別企業の株式、ETF、RIET 現物株式をポイントで購入
Pontaポイント 個別企業の株式、ETF、RIET 株価などに連動するポイントを購入
dポイント 投資信託 投資信託に連動するポイントを購入
楽天ポイント 投資信託 投資信託をポイントで購入
永久不滅ポイント 株式、投資信託 株価などに連動するポイントを購入

それぞれの内容を補足して説明します。

Tポイントの投資対象

Tポイント(SBIネオモバイル証券)は株の現物取引をTポイントで行えます。投資対象は「現物取引」「国内ETF」「REIT」です。

ポイント投資では、投資信託やETFに連動して動くポイントを購入するタイプが多いですが、こちらは現物株を買い付けることができます。

後述しますが、SBIネオモバイル証券では1株単位で株を買い付けることができるので、必要な資金が少なくてすみます。

また現物での購入なので、必要な単元数を満たせば株式優待も受けられますし、配当金も得られます。Tポイントを使った少額から取引できる株式投資といえます。

Pontaポイントの投資対象

Pontaポイント(Stock Point)の投資では、次の株式、ETF、REITへ投資ができます。ただし、直接的な投資ではありません。

株価やETFの価格に連動して値動きする「銘柄ポイント」で間接的に投資する方法です。

例えばローソンを選択してPontaポイントで銘柄ポイントを購入したとします。ローソンの株価が1%上がれば、同じ比率で銘柄ポイントも上がります。

投資できる商品は次の通りです。

引用:Pontaポイント運用公式HP

今はまだ選べる種類が少ないですが、この先は種類が充実してくると思います。

現時点でもリクルートホールディングス、ローソンなど、Pontaポイントと関連が深い大企業や主要な株価指数インデックスが選択できます。

dポイントの投資対象

dポイント(NTTドコモ)の投資もPontaポイントと同様に、投資信託に連動する運用ポイントで間接的に投資する方法です。

「お任せ運用」「テーマ運用」の2つのサービスが選べます。

お任せ運用 アクティブ運用 株を重視して大きなリターンを狙う。
バランス運用 債券を重視して安定したリターンを狙う。
テーマ運用 日経225、新興国、コミュニケーション、生活必需品、ヘルスケアの5分野から選択し、ETF(上場投資信託)へ投資する。

「お任せ運用」と「テーマ運用」のどちらも運用することも可能です。

リスク許容度や投資したいテーマで、どれを選択するかを決めれば良いでしょう。

楽天ポイントの投資対象

楽天ポイント(楽天証券)では、投資信託の購入に楽天ポイントを使うことができます。Tポイント投資と同様に、購入額の一部または全額にポイントを利用する方式です。

自分で投資信託を選ぶこともできますが、初心者向け、少し慣れてきた人向けに楽天証券がお勧めする投資信託がありますので、こちらを選ぶのも良いと思います。

引用:楽天証券HP

楽天証券では投資に対して楽天ポイントが付与されることが大きなメリットです。投資信託への投資や、口座残高に応じて楽天ポイントが付与されます。

楽天経済圏を活用している人にはお勧めです。

永久不滅ポイントの投資対象

ほとんどのポイントには有効期限がありますが、永遠に使えるポイントとして話題になったセゾンカードのポイントが永久不滅ポイントです。

永久不滅ポイント(Stock Point)の投資では「投資信託コース」「株式コース」を選択できます。

投資信託コースは次の2コースあります。

投資信託コース 概要
日本株コース 日本株指数(TOPIX)に連動
米国株コース 米国株指数(VOO)に連動
アクティブコース 外国株、外国債で強気の運用
バランスコース 国内債券を中心に安定の運用

Pontaポイント投資と同様に株価に連動する「Stock Point」で間接的に投資する方法です。

なお、投資できる対象は「カルビー」「日清食品」「ホンダ」のみです。これから拡充されていくと思いますが、今の時点では選択肢がほとんどありません。

手数料

全体的に、ポイント投資サービスは手数料が高いです。

特に「株価等に連動して値動きするポイントで間接的に投資する」タイプは、それぞれのポイントと運用ポイントの交換レートが悪いため、手数料が高くなっています。

ポイント投資 手数料
Tポイント 月額220円(税込み)で取引し放題
Pontaポイント 銘柄ポイントからPontaポイントに戻す際は交換手数料5%が必要
dポイント 手数料無料
楽天ポイント 買付手数料、管理手数料、信託財産留保額、換金手数料など。ファンドごとに異なる
永久不滅ポイント 投資信託コースは手数料なし。株式コースはStock Pointから永久不滅ポイントに戻す際は交換手数料(後述)が必要

Pontaポイントの場合、銘柄ポイントへの交換およびPontaポイントへの交換レートは次の通りです。

Pontaポイント 銘柄ポイント
投資の時 1 1
換金の時 1 1.05

永久不滅ポイントの場合、Stock Pointへの交換および永久不滅ポイントへの交換レートは次の通りです。

永久不滅ポイント Stock Point
投資の時 4 1
換金の時 1 5.1

頻繁に各ポイントと銘柄ポイント/Stock Pointとの交換をしていると、あっという間にポイントが目減りしていきます。

これらの間接投資については、1回投資した後は、十分に利益が乗るまではポイントに戻さず、長期で運用することが前提になります。

逆にTポイント(SBIネオモバイル証券)などは月額定額制なので、売買を繰り返しても手数料で目減りすることはありません。

また、SBIネオモバイル証券の手数料は、通常の現物株の取引手数料に比べると割安になっています。通常の証券会社の場合は、約定ごとに取引手数料がかかるためです。

SBI証券の現物取引手数料と比べると、SBIネオモバイル証券の手数料が安いことが分かると思います。

引用:SBI証券HP

必要なポイント(金額)

必要なポイント(金額)で比較します。

最低限の投資をするのに、各ポイントで最低いくら必要なのかを纏めます。

ポイント投資 交換レート
Tポイント 1Tポイント=1円
Pontaポイント 1Pontaポイント=1銘柄ポイント
dポイント 1dポイント=1運用ポイント
楽天ポイント 1楽天ポイント=1円
永久不滅ポイント 4永久不滅ポイント=1Stock Point
ポイント投資 必要な最低ポイント
Tポイント 買い付ける株式等に応じる。1株から購入可能
Pontaポイント 20Pontaポイント単位で銘柄ポイントに交換可能
dポイント 100dポイント単位で運用ポイント交換可能。
楽天ポイント 買い付ける投資信託に応じる
永久不滅ポイント 100永久不滅ポイント単位でStock Pointに交換可能

Tポイント(SBIネオモバイル証券)は、1株から購入が可能です。通常だと100株から購入できる株式が多いですが、1株からだと500ポイント程度からでも購入できます。

Pontaポイント(Stock Point)は20ポイントから、dポイント(NTTドコモ)と永久不滅ポイント(Stock Point)は100ポイントから投資できます。

これらは直接投資するわけではなく、株価やETFに連動するポイントに交換するため、かなり小額から投資ができます。使い道のなかったポイントを投資したいところです。

株主優待、配当金

株主優待や配当金に比較します。

ポイント投資 株主優待 配当金
Tポイント 有り 有り
Pontaポイント なし なし
dポイント なし なし
楽天ポイント なし 有り
永久不滅ポイント なし なし

株主優待と配当金をどちらも得られるのは、現物へ投資するTポイント(SBIネオモバイル証券)のみです。

楽天ポイント(楽天証券)は投資信託への投資になるため、株主優待はありませんが、配当金は得ることが可能です。

Pontaポイント、dポイント、永久不滅ポイントは、現物を買うわけではないため、株主優待も配当金も得ることができません。

後述しますが、これは大きなデメリットです。

積立投資の有無

自動での積み立て投資の有無を比較します。自動で投資に回す仕組みがあれば手間が省ける上、忘れることもないので便利です。

特にあまり利用機会のないポイントを投資に使う場合、ポイントを定期的に確認して投資する手続きを踏むのは面倒ですし、忘れがちになります。

使いたいポイントが自動積立に対応している場合は、利用すると良いと思います。

ポイント投資 積立投資の有無
Tポイント 有り
Pontaポイント なし
dポイント なし
楽天ポイント 有り
永久不滅ポイント 有り

もう1つ、あまり身近ではないため当記事では紹介しませんが、マネーハッチというインヴァスト証券が提供しているポイント投資があります。

インヴァストゴールドカードという、専用のクレジットカード(通常の買い物に使えます)のポイントを投資に回すものです。

買い物等で得られるポイントを全て投資に回したいということであれば、こちらのサービスを利用するのも手です。

インヴァストカード

ポイント投資のメリット、デメリット

ポイント投資には、メリットだけでなくデメリットもあります。

【メリット】小額から投資できる

例えば、Tポイント(SBIネオモバイル証券)の場合、通常は100株からの株式購入を1株から行うことができます。

通常の1/100の資金で投資を始めることができます。

Pontaポイント、dポイントなどの株価等に連動するポイントに交換するタイプも、現物の株を購入する訳ではないので小額から投資できます。

資金のハードルが大きく下がるという点で、ポイント投資にはメリットがあります。

【メリット】ポイントを無駄にしない

使っていなかったポイントを無駄にしないというメリットも大きいです。

複数のポイントカードを持っていると、使うポイント、使わないポイントが出てくると思います。ポイントには期限があるので、使わないと消滅してしまいます。

これまで「少額だから消えてもいいか」と無駄にしていたポイントで投資ができるというのはメリットです。

少額投資が可能なポイント投資ならではと言えます。

【デメリット】手数料が高い

ポイント投資サービスの最大のデメリットは手数料の高さです。

これまで紹介してきたように、ポイント投資サービスによっては売買を繰り返すことで大きく資金が目減りするものもあります。

ネット証券を中心に手数料の値下げ、または無料化が進んでいる中、多くのポイント投資サービスの手数料は高いです。

「気軽に投資を始めたい」「現金を使わずに投資をしたい」という人にはお勧めですが、本格的に投資を始めたい人は、通常の証券会社で口座を作って始めた方が良いと思います。

【デメリット】配当金がもらえない

Tポイント(SBIネオモバイル証券)、楽天ポイント(楽天証券)を除き、株式の「配当金」が考慮されないことは、大きなデメリットです。

株価は配当金や株主優待の価値も考慮して値動きします。

「権利日」と呼ばれる日に株式を持っていると、配当金を得られるため、権利日を通過すると配当金の分の価格がガクッと落ちます。

通常の投資ですと、下がった分の配当金が貰えるため、あまり気にする必要はありませんが、ポイント投資の場合はそのまま損失に繋がります。

お勧めポイント投資

当記事では、各ポイント投資サービスを比較しました。

お勧めのポイント投資は「Tポイント(SBIネオモバイル証券)」「楽天ポイント(楽天証券)」のいずれかです。
SBIネオモバイル証券 口座開設
あまり「Pontaポイント」「dポイント」「永久不滅ポイント」はお勧めできません。当記事でも紹介したように、手数料(交換レート)が高すぎるためです。

ポイント投資は「投資を体験したい」「超少額で投資したい」という人に向いたサービスです。なにより、余らせているポイントがあるなら始めない手はありません。

関連記事:現物株が買えるTポイント投資のネオモバイル証券。

あわせて読みたい
現物株が買えるTポイント投資のネオモバイル証券。少額の取引なら手数料が安い。 TポイントやPontaポイントなどのポイント投資サービスが増えてきましたが、Tポイントで株が買えるSBIネオモバイル証券をお勧めしま...

関連記事:ポイント投資のStock Pointをお勧めしない理由。

あわせて読みたい
ポイント投資のStock Pointをお勧めしない理由。手数料が高く配当もない。 ポイント投資が流行っていますが、基本的にお勧めできるのはTポイント投資のSBIネオモバイル証券と楽天ポイント投資の楽天証券だけです。...
投資サービス・ツール