株価指数CFD

株価指数CFDの調整額を解説。価格調整額、権利調整額(配当)、金利調整額

CFDはレバレッジによる資金効率の良さや、先物と違って決済期限が無いことで人気の投資方法です。

株価指数CFDだけではなく、個別株CFD、商品CFDなど種類も豊富です。

この記事では、株価指数CFDを例にして「3種類の調整額」を説明します。ゴールドや原油などの商品CFDでも基本は同じです。

株価指数CFDの3つの調整額

同じ株価指数CFDでも、調整額は銘柄(日経225、NYダウなど)で異なりますし、ポジション(買い、売り)でも異なります。

当記事では代表的な「日経225」「NYダウ」「ドイツDAX」「イギリスFTSE」の4つの株価指数で比較しつつ、3種の調整額について説明します。

株価指数CFDの調整額とは

CFDの調整額は次の3つです。

  1. 価格調整額(ロールオーバー)
  2. 権利調整額(配当)
  3. 金利調整額(ファンディングコスト)

株価指数CFDは権利日に配当金の分配があったり、決済期限が無いため長期で保有することができるなどのメリットがあります。

その一方で金利(ファンディングコスト)が発生するので、配当が無い銘柄を長期で保有すると手数料負けしてしまう場合もあります。

CFDは長期保有に向かないと言われるのはそのためで、権利調整額と金利調整額を考慮して長期保有できるかを確認しなければなりません。

① 価格調整額(ロールオーバー)

価格調整額はCFDの原資産となる先物のロールオーバ(限月の乗換)による損益調整のために発生するものです。

CFDが参照している先物は期近の出来高が1番多い限月ですが、先物には決済期日があります。CFDには決済期限がないため、期日以降は次の限月の先物へと乗り換えが発生します。

価格調整額は、CFDの原資産である先物の限月を期近から期先に乗り換える時に、その差額調整のために発生するものです。

つまり、6月限月の先物を参照しているCFDを保持していた場合、6月の決済期日を通過した時に、次の9月限月の先物に自動的に乗り換えることになります。

限月が異なる先物はそれを加味した価格になっているため、乗り換え時に価格差異が生じます。それを調整するのが価格調整額です。

CFDの価格調整額

価格調整額は「ロールオーバ時の価格差」と「ポジション(買い、売り)」によってプラス・マイナスが決まります。

ロールオーバ後の価格 買いポジション 売りポジション
価格が上がっている マイナス プラス
価格が下がっている プラス マイナス

価格調整額はあくまでも調整なので、あまり気にする必要はありません。

価格調整額は限月を乗り換えることによって、CFDの建玉に発生する評価損益を打ち消す(補填・帳消し)ものなので、直接損益に関わってくるものではありません。

② 権利調整額(配当)

権利調整額は、配当金・分配金の相当額です。

株の場合、権利確定日まで保持していると配当がもらえますが、CFDにも相当額が分配されます。先物には配当はないのでCFDのメリットのひとつです。

CFDの権利調整額

株の信用取引と同じように考えれば、買いポジションの場合は受け取り、売りポジションの場合は支払いとなることが分かると思います。

比較項目 買いポジション 売りポジション
権利調整額
(配当相当)
受け取り
(プラス)
支払い
(マイナス)

ちなみに、日経225CFDの配当金は2018年を例にすると「40,834円」でした。中長期の運用を前提とすると、権利調整額の配当狙いという選択肢も良いと思います。

ただし、ドイツDAXは配当金織り込みの株価指数であるため、CFDでも権利調整額は得られません。同様に売りのポジションでも権利調整額の支払いはありません。

2018年の各CFDの権利調整額の実績をまとめました。(くりっく株365の場合)

株価指数CFD 権利調整額
日経225 日本 40,834円
NYダウ アメリカ 56,692円
DAX ドイツ 0円
FTSE100 イギリス 30,945円

権利調整額(配当相当)はレバレッジを効かせて保持しているポジションも同様に得られますので、配当を目的にCFD積み立てる戦略も有効です。その時には次の「③金利調整額」も考慮してください。

③ 金利調整額(スワップ)

金利調整額は、CFDのポジションを作る際に発生する金利相当額です。ポジションを翌営業日に持ち越すときに発生するため「オーバーナイト金利」と呼ばれます。

金利調整額は、ポジションを翌日に持ち越さなければ発生しません。当日の内に新規ポジション建てと決済を行えば、金利調整額はゼロになります。

FX(外国為替取引)のスワップポイントと同じ理解でOKです。買いポジションを持っている人から売りポジションを持っている人に支払う仕組みです。

CFDの金利調整額

買いポジションでは「配当金は受け取るもの」「金利は支払うもの」と覚えておけば分かりやすいと思います。

比較項目 買いポジション 売りポジション
金利調整額 支払い
(マイナス)
受け取り
(プラス)

2018年の各CFDの金利調整額をまとめました。(くりっく株365の場合)

株価指数CFD 金利調整額
日経225 日本 0円
NYダウ アメリカ 61,425円
DAX ドイツ 1,280円
FTSE100 イギリス 8,729円

日経225CFDは、日銀のマイナス金利政策のため金利調整額は0となっています。マイナス金利は長く続く見込みで、日経225CFDは投資し易くなっています。

NYダウは受取配当も大きいですが、金利も大きいため、トータルではマイナスになってしまいます。もちろん値上がり益がそれ以上なので、投資対象としては魅力的です。

値上がりがそれほど見込めないにも関わらず、受取配当<支払金利となっている銘柄は長期投資としてNGなので注意しましょう。

種類による調整額の有無

記事冒頭でも述べましたが、CFDの原資産によって調整額の有無が変わります。また、店頭CFD、取引所CFD(くりっく株365)なのかでも異なります。

それぞれの組み合わせは次の表のとおりです。ついでなので商品CFD(金、原油など)も紹介します。これらはGMOクリック証券の店頭CFDです。

CFD 原資産 価格調整額 権利調整額 金利調整額
株価指数CFD 先物 × ×
ETF ×
個別株式CFD 個別株式 ×
商品 商品先物 × ×

例えばGMOクリック証券の場合、具体的な株価指数は次のとおりです。

CFD 原資産 原資の株価指数
株価指数 先物 日経225、NYダウ、S&P500など
ETF カナダ株価指数、ブラジル株価指数など
個別株式 個別株式 アップル、マイクロソフト、GMなど
商品 商品先物 金スポット、原油スポット

日経225やNYダウは先物を原資産とするCFDのため、権利調整額(配当)や金利調整額はありません。

アップルやマイクロソフトなどの個別株式CFDは、それぞれの株を原資産とするため権利調整額(配当)や金利調整額があります。

次にくりっく株365(取引所CFD)の場合は次のとおりです。

CFD 価格調整額 権利調整額 金利調整額
くりっく株365

くりっく株365の場合、決済日を日々繰り越すたびに金利調整額が発生します。また、配当相当額は東京金融取引所が算出し、権利付最終取引日の翌取引日に付与されます。

株価指数CFDは原資産によって権利調整額、金利調整額の発生有無がありますので、どのCFDを選ぶかはとても重要です。

例えば、くりっく株で日経225CFDを投資し、店頭CFDで個別株式CFDを投資するなどの使い分けも良いと思います。

世界の株価指数ごとの比較

権利調整額(配当)、金利調整額を考慮した場合のそれぞれの株価指数CFD銘柄について、2018年度の運用結果を表にまとめました。(くりっく株365の場合)

これはCFD価格の差損益は考慮せず(途中で売買せず)、買いポジションで持ち続けた場合の参考値です。

NYダウやDAXは金利の方が配当金より多く、マイナスになることが分かります。もちろん、CFD価格が上がれば売却差益が出ますから、一概に評価はできません。

しかし中長期の運用で配当金による利益を狙う場合、日経225やイギリスFTSEをターゲットにした方が良いと考えることができます。

株価指数CFD 権利調整額 金利調整額
日経225 日本 40,834円 0円
NYダウ アメリカ 56,692円 61,425円
DAX ドイツ 0円 1,280円
FTSE100 イギリス 30,945円 8,729円

株価指数CFDを長期投資を前提に投資する場合、権利調整額と金利調整額を考慮して、プラスになる銘柄を選ぶようにしましょう。

関連記事:先物とCFDの違い。どちらを選ぶか!?

先物とCFDの違い。初心者でも絶対に分かるように日経225先物と日経225CFDを比較。どちらを選ぶべきなのか。個別株の次に先物やCFDなどの株価指数(インデックス)に興味を持つ人は多いです。その中でも馴染みがあるのが「日経225先物」「日経225...

関連記事:くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの違い。

取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの違いを比較。レバレッジと為替影響の有無。 この記事では、これからCFDを始めたい人に向けて「取引所CFD(くりっく株365)」と「店頭CFD」の違いと特徴を説明します。 ...
これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFD。ゴールドや原油など商品CFDも豊富。

◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。軽く投資を始めたい人。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。手数料が定額制で売買頻度が多い人に。
SBIネオモバイル証券 口座開設
◆One Tap BUY証券
1,000円から端数株(0.01株など1株未満)を購入できる。日本、米国の優良企業が揃う。
One Tap BUY
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
高レバレッジCFD(くりっく株365)の取り扱いあり。日経225やNYダウに。
くりっく株365
◆SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISA、iDeCoにも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]