3分でわかる投資

3分でわかるつみたてNISA。どこで口座開設するかで選べる金融商品が異なる

3分でわかるつみたてNISA

3分でわかるつみたてNISA

  1. つみたてNISA制度の仕組みと注意点
  2. 口座開設先と投資商品(銘柄)の選び方

※2024年にNISA制度の改変があるため、当記事は新NISAを前提に作成しています。

つみたてNISAとは

つみたてNISAは少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

投資で得た利益には税金がかかりますが、これを非課税にすることで投資を促進させようという政府の制度です。

つみたてNISA制度の仕組み

つみたてNISAの口座は1人1つまでしか持てませんので、投資商品(銘柄)、積立金額などのポイントを理解した上で口座開設しましょう。

つみたてNISAとは

つみたてNISAは資産形成を後押しするための税制優遇制度です。

利用できる人 日本在住の20歳以上
非課税対象
特定の投資信託の分配金や譲渡益
※金融機関により選べる投資商品が異なる
非課税投資枠 新規投資で毎年40万円まで
非課税期間 各年の投資分ごとに20年まで
投資可能期間 2018年~2042年
※2024年の改正で2037年から延長

非課税対象の投資商品(銘柄)

金融機関によって選べる投資商品(銘柄)が異なるので、投資したい銘柄が対象となっている金融機関で口座を開設する必要があります。一般的に証券会社では銘柄が多く、銀行では少ないです。

金融機関 商品ラインナップ
楽天証券 177商品
みずほ銀行 3商品

※2021年8月時点

非課税投資枠と非課税期間

非課税投資枠は毎年40万円までの新規投資、非課税期間は各年の投資分ごとに20年までとなっています。

つみたてNISAの非課税期間つみたてNISAの非課税期間

2021年8月現在の新規投資可能期間は2037年までですが、2024年の制度改正で2042年前まで延長されます。2042年の投資分は2061年まで非課税となります。

つみたてNISAでは、毎年40万までの範囲で自由に投資額(つみたて額)を決められます。ただし、一般的に証券会社と銀行だと投資単位に違いがあります。

▼投資単位と月あたり投資額

金融機関 単位 月あたり
楽天証券 100円以上
1円単位
33,333円
みずほ銀行 1,000円以上
1,000円単位
33,000円

月330円の差でも、長期間のつみたてNISAだと差が開きます。満額投資したい場合は証券会社の方が良いです。

つみたてNISA注意点

つみたてNISAにはいくつか注意点があります。デメリットではないですが、知っておくと良いと思います。

一般NISAと併用不可

つみたてNISAと一般NISAは併用不可で、どちらかしか口座開設できません。1人1口座なので、よく考えて決めましょう。なお、手続きは必要ですが口座の移行は可能です。

使わなかった非課税枠の繰り越しは不可

毎年40万円の枠を使い切らなかったとして、残りの翌年への繰り越しは不可です。せっかくなら満額投資するほうが良いです。

特定口座との損益通算は不可

つみたてNISA口座と特定口座との損益通算は不可です。

口座間の移動は不可

つみたてNISA口座で持っている銘柄の他の口座への移動は不可です。他の口座からつみたてNISA口座へ移動させることもできません。

一般NISAとの違い

一般NISAは2024年に制度変更があり、積立(1階)と裁量(2階)の2段階方式になります。積立・分散を推進するためですが、そうであればつみたてNISAだけで良いように思います。

つみたてNISA 一般NISA
投資方法 積立 積立
裁量
非課税対象 国内外株式
投資信託
国が定めた投資信託
非課税投資枠 40万円 20万円(積立)
120万円(裁量)
非課税期間 20年 5年
投資可能期間 2042年まで 2028年まで

国が推しているのは「つみたてNISA」のようなので、やはりこちらを選択する方が良いと思います。

口座開設と投資商品の選び方

非課税投資額をフルに投資できること、選択できる投資商品が多いことから、証券会社でつみたてNISA口座を開設する方がおすすめです。

楽天証券口座

楽天証券でつみたてNISAをすると2つのメリットがあります。

  1. 投資信託の積立で楽天ポイントがもらえる
  2. 投資信託の積立に楽天ポイントをつかえる

楽天カードのクレジットカード払いでつみたてNISAを利用すると、100円につき1ポイントが楽天カードより付与されます。

満額積み立てるとすると年間で4,000円くらいのポイントがもらえます。仮に20年間続けるとすると8万円にもなります。

また積立額の一部を楽天ポイントで支払うことができるので、楽天のサービスを使っていてポイントを余らせている人にはお得です。

【Youtubeの紹介動画(楽天証券チャンネル)】

特に楽天のサービスを使っている人、楽天カードを使っている人にはメリットが大きいのでおすすめです。

おすすめ金融商品

次の2つがおすすめです。

  1. eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド

S&P500だけでもいいと思いますが、中小型株含めたさらに広範囲に分散したい場合は全米株式インデックスがおすすめです。

ただし、S&P500指数は米国株式市場の時価総額の80%を占めており、どちらも時価総額の大きな銘柄の組み入れ比率が高いので、どちらを選ぶかは好みです。

少しでも信託報酬が安いのはeMAXIS Slimですので、こだわりがなければこちらで良いと思います。

楽天・全米株式インデックス eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
連動指数 CRSP USトータル・マーケット・インデックス S&P500指数
銘柄数 約4,000銘柄 500銘柄
信託報酬 0.162% 0.0968%

楽天・全米株式インデックスは、楽天証券以外の証券会社でも取扱いがあります。例えばSBI証券などでも選ぶことができます。

VIT(バンガードトータルストックマーケットETF)も全米株式インデックスなので、こちらを選択するのも良いと思います。

つみたてNISAでは投資額を複数商品に割り振ることができますので、米国だけでは不安でしたら70%を米国、30%を日本というような割合で運用しても良いと思います。

20歳以上の誰もが最初に始める資産形成は「つみたてNISA」と「iDeCo」です。iDeCoについてはこちらの記事をご覧ください。

3分でわかるiDeCo
3分でわかるiDeCo。会社員も専業主婦(夫)も誰もがやるべき老後資金作り3分でわかるiDeCo。 iDeCo(個人型確定拠出年金)の仕組みと注意点 口座開設先と投資商品(銘柄)の選び方 ...

 

これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFDならびに株価指数CFD。商品CFDも豊富。

◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。軽く投資を始めたい人に。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。手数料が定額制で売買頻度が多い人に。
SBIネオモバイル証券 口座開設
◆PayPay証券(旧One Tap BUY)
1,000円から端数株(0.01株など1株未満)を購入できる。日本、米国の優良企業が揃う。
One Tap BUY
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
高レバレッジCFDのくりっく株365。配当もある日経225やイギリスFTSEに。
くりっく株365
◆SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISA、iDeCoにも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]