投資アプリ・サービス

アメリカ株(米国株)の買い方。個別株、CFD、ETFなど投資方法は様々。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
アメリカ株(米国株)の買い方。自分にあった買い方を。

株投資をするなら日本株よりもアメリカ株(米国株)がお勧めです、という話をよく聞くと思います。

確かにその通りで、ニュースを見ていると連日のようにダウやナスダックなど、アメリカを代表する株価指数が史上最高値を更新したと報道されています。

世界中の全ての株式市場の1/3を米国株市場が占めており、企業の時価総額ランキングでもアップル、マイクロソフト、Googleなどの米国IT大手企業が並びます。

少子高齢化と人口減少が進み、経済が停滞している日本株より、一人勝ちとも呼ばれる強い経済を持つアメリカ株に投資する方が良いのは確かです。

昔は日本でアメリカ株を売買するのはハードルが高かったのですが、最近はネット証券で簡単に取引することができます。

しかし、一言で米国株投資といっても、例えば個別企業株、ETF、CFDなど、その方法は様々です。

アメリカ株(米国株)の投資方法

また、1株、10株と株単位での購入だけでなく、1,000円、2,000円と金額単位で購入できたりと、投資単位も多様化しています。

ネット証券の広がりで手数料など取引コストも安くなり、選べる商品や投資方法も多様になってきました。

この記事では「アメリカ株の投資方法」や「投資スタイル」など、アメリカ株の買い方を広く紹介します。

アメリカ株の投資方法 個別株/ETF/株価指数CFD
アメリカ株の投資スタイル 安定重視/利益重視/1,000円単位で/NISA
米株投資の証券会社 楽天証券/SBI証券/ワンタップバイなど

自分に合っている投資方法を探して、ぜひアメリカ株に投資してみてください。

アメリカ株(米国株)の投資方法

一口にアメリカ株へ投資すると言っても、手段は様々です。

当記事では「個別企業株」「ETF」「CFD」の3つを紹介します。自分のやりたい投資方法を選択するのが良いですが、お勧めはETFや株価指数CFDです。

また、一度に投資するのではなく、毎月決まった額(少額で良い)を投資していく積み立て投資がお勧めです。

お勧めのアメリカ株(米国株)の投資方法

ETFや株価指数CFDへ毎月投資をすると、必然的に分散、積み立て、長期の3要素揃った投資が確立されるからです。

個別米国株に投資

まず最もオーソドックスな米国株投資は、アップル、マイクロソフト、マクドナルドなど米国企業の個別株式へ投資する方法です。

メリット 1株単位から購入できるため、少額から始められる。
好きな企業/成長が見込める企業に集中投資できる。
狙った企業の株価が大きく伸びると利益が大きい。
デメリット リスク分散が難しい。
銘柄の選定や監視が大変。かつ難しい。
狙った企業の株価が大きく下がると損失が大きい。

米国株はどこの証券会社でも1株単位で購入可能なため、日本株に比べると少ない資金からでも投資ができます。

日本株は最低単元数(100株が多い)が定められているため、最低投資金額がどうしても大きくなってしまいますが、米国株であれば1万円以下からでも購入できます。

個別米国株に投資するメリットは「自分の好きな企業に投資できる」「高成長率の企業に集中できる」という点です。

米国企業は株主還元の姿勢が強いため、配当利回りも高く、さらに個々の成長率も高いという特徴があります。平成の30年間(1989~2019年)でダウ平均株価指数は10倍にも成長しました。

iPhoneやMac Bookで有名なアップルなど、時価総額が1超ドル(100兆円以上)を超える企業も出てきました。GAFAと呼ばれる巨大IT企業の株価の高騰は、連日ニュースになっています。

引用:Yahoo!ファイナンス

既に高値圏にあるこれらの大手銘柄ですが、この先さらに成長が見込まれています。またテスラなど、新興企業の成長も著しいのが米国株市場です。

一方で、デメリットもあります。

個別株だと、その銘柄単体の値動きに大きく左右されるため、リスク分散が難しいという点です。アップルの株だけに資金を集中していた場合、アップル株が大きく下げると大きな損失を被りかねません。

1株単位で買えるため、複数企業の株を少数ずつ持つことでリスク分散は図れますが、それらの値動きや業績を常にモニタリングするのは大変です。

米国株にも日本株にも言えますが、個別株に投資をするのは投資の知識がある人、買った株に常に注意を払える人、まとまった金額を投資に充てられる人など、ある程度「しっかり投資をする」意識がある人と言えます。

もちろん、成長が期待できる企業を探し、その株を購入した後は10~50年単位で放置するという手法であれば、個別株でも良いと思います。

米国ETF/米国投資信託に投資

ETFや投資信託は、テーマを持った企業株に連動する指数や、ダウ平均やナスダックなどの代表的な米国株価指数に投資するものです。

個別株であれば業績や流行り廃りに影響されますが、株価指数(インデックス)であれば長期的に見ると上昇トレンドです。(株価指数自体がそのように設計されている)

メリット 複数の銘柄(個別株)から構成されるため分散投資になる。
株価指数に投資できるが、CFDや先物より少額で始められる。
指数(インデックス)なので値動きが分かりやすい。
選択肢が多く、テーマ(配当重視など)が分かりやすくシンプル。
デメリット 特定の企業に集中投資したい場合は向かない。
選択肢が多いので、最初の選定に悩みがち。
世の中の時流やファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に左右されやすい。

ETFはダウ、ナスダック、S&P500などアメリカの代表的な株価指数に連動します。そのため、個別株よりも値動きが分かりやすく、株式市場全体に投資していることになるため、必然的に分散投資に繋がります。

テーマ(5Gや医薬品など)ごとに適した銘柄を組み合わせたETFだと、それらのテーマごとに複数個別株に分散投資するのと同じ効果を得ることができます。

また、別の観点として、配当重視(高配当)の銘柄に着目したETFなどもあります。

例えば、純資産総額の大きな(人気の)「(IVV)iシェアーズ・コア S&P 500 ETF」はS&P500に連動するように設計され、米国大型株のパフォーマンスを反映します。

高配当で人気の「(VIG)バンガード・米国増配株式ETF」は10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されており、配当重視指向のETFです。

このように「シンプル」に「自分に合った投資スタイル」を選択できることがETFのメリットです。

一方で、例えばアップルが好きで今後の成長も見込めるから全力投資したい、というような目的だとETFは不向きです。また、株式市場全体、あるいはテーマ全体に投資するため、世の中の時流やファンダメンタルズに左右されるという点も考慮が必要です。

これは動きがシンプルという点でメリットでもあるのですが、例えば政治不安などで株式市場全体が下げた時、ETFも連動して下げやすくなります。好材料(売上高が過去最高など)がある個別株は、全体が下げる中でも上昇する場合があります。

また、どのETFに投資するかという「最初の選択」でも悩みがちです。お勧めは、純資産総額が大きな(それだけ人気)なものから、投資したいテーマにあったETFを選ぶことです。

その中から配当率(利回り)、騰落率などを観点に選ぶと良いでしょう。

当ブログとしては、純資産総額の大きな人気の(有名な)ETFに、少額ずつ定期的に積立投資することをお勧めします。

米株価指数連動 (IVV)iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
(VTI)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
(DIA)SPDR ダウ工業株平均 ETF
高利回り (VIG)バンガード・米国増配株式ETF
(VYM)バンガード・米国高配当株式ETF
(HDV)iシェアーズ・コア高配当株ETF

また、ETFはダウやナスダックなどの株価指数に「連動する」ように設計されていますが、CFDや先物と違って株価指数そのものを購入するわけではありません。そのため、CFDや株価指数を直に購入するよりも少ない資金で投資ができます。

少額から投資ができるということは「分散・積み立て・長期」という投資に求められる特性を満たしやすいということです。この点でもETFはお勧めです。

ETFでは分配金という形で配当や利子を受け取れます。分配金の支払時期や年間の回数はETFごとに異なるので、これもETF選定で考慮すべき点になります。

また、金や原油など配当を含まない商品で構成されるETFは分配金がないので注意してください。株価を対象にしたETFであれば、分配金は必ずあります。

ETFは個別株のように「一発大当たり!」ということはありませんが、長期的に見ると低リスクで資産を増やすことに繋がります。ぜひ参考にしてみてください。

米国株価指数CFDに投資

米国株に投資する場合、個別株でも指数でも「CFD」という選択肢もあります。

メリット レバレッジが効くため、少額でも始めやすく、資金効率が高い。
買いだけでなく売り(空売り)でも取引できる。
個別株、株価指数のどちらへも投資できる。
くりっく株なら為替レートを気にせず日本円で取引可能。
デメリット 金利の支払いが発生するので長期投資には向かない。(現物株有利)
株主優待がない。(米国株では気にする必要はない)
レバレッジが効くため、ハイリスク・ハイリターン。

CFDは「Contract for difference」の略称で差金決済取引のことです。これはFXなどと同じ仕組みで「証拠金」を預けることにより、取引したい金額を全額用意することなく取引ができます。

レバレッジと呼ばれる「投資資金よりも大きな金額で取引できる」ことから、少額でも始めやすい一方、本来の資金の何倍もの取引をすることで「ハイリスク・ハイリターン」の取引になります。

例えばレバレッジは10倍の場合、10万円の元手資金で100万円のCFDを取引できることになります。そのため利益も10倍、含み損も10倍です。

米国株CFDでは個別株も株価指数も取引できますが、CFDを選択するなら始めやすい「くりっく株365」でNYダウ平均株価指数に投資することをお勧めします。

くりっく株365では他にイギリスのFTSE100やドイツのDAX指数などにも投資ができます。もちろん日経平均株価にも投資できます。

CFD(くりっく株365含む)の特徴は、なんといっても数倍~数十倍の高いレバレッジです。少額でも大きな取引ができるため、資金効率の良い投資ができます。

また、レバレッジで取引した額に対して配当が出ますので、10万円の元手資金で100万円の株価指数CFDを購入した場合、100万円分の配当が受け取れます。

その一方でCFDには金利の支払いが発生するため、支払う金利と受け取る配当を考慮して長期運用できるかを検討する必要があります。

支払金利の方が大きい場合、株価指数の金額が同じとすると資産が目減りしてしまうので注意してください。

CFDでの金利と配当の関係については以下の関連記事に纏めています。

関連記事:CFDの配当金と金利を比較

ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

関連記事:CFDの調整額とは

CFDの調整額とは。発生タイミングと発生ポジションを理解する。価格調整額、権利調整額(配当)、金利調整額の3つ。 先物よりも投資しやすい株価指数の取引としてCFDが人気です。 当ブログでもCFDについては度々取り上げています。 htt...

アメリカ株の投資スタイル

個別株/ETF/CFDなど、どの金融商品に投資するかも「投資スタイル」ですが、ここでは別の観点の取引方法を紹介します。

これまで株取引は株数での取引が一般的でしたが、金額で指定するタイプも登場してきました。こちらはより細かく投資資金をコントロールできます。

また、NISAやつみたてNISAでも米株ETFに投資ができます。運用益が非課税になるため、こちらは特にお勧めです。

まだ「つみたてNISA」をやっていない人(あるいはやっている人でも)は「つみたてNISAで米株ETFを積み立てする」がお勧めです。

1,000円単位で米国株に投資

One Tap BUY(スマホ証券)は、1株、2株という株の単位ではなく、指定した金額だけ投資するスタイルです。1,000円から投資可能なため、融通が利きやすく「お試し」としても始められるサービスです。

金額指定で買い付けるため、例えば0.001株のような小数点以下の株数で株を所有することもできます。

スマホ上で完結できる作りになっているので、簡単に口座開設・取引まで進むことができ、初期ハードルは低いです。

積み立ても出来るので、毎月1,000円ずつ複数の個別株を積み立てるなど、少額・分散・長期を活かした使い方をお勧めします。

アップルやディズニー等の大企業の個別株だけでなく、S&P500ETFや、S&P500の3倍の値動きをするETFも取り扱いがありますので、小銭を上手く投資する手段として利用すると良いと思います。

投資できる銘柄の数は多くないので、自分が投資したい企業があるかどうかはチェックしてください。今後も対象銘柄は増加していくと思います。

つみたてNISAで米国株に投資

米国株投資で最もお勧めなのは「つみたてNISA」で「米国EFTを積み立てる」ことです。

NISA(少額投資非課税制度)は年間の決まった取引額に対し、取引手数料や運用益(売却益や配当金)が非課税になる制度です。

つみたてNISAの説明はこちらの関連記事で詳しく説明しています。

関連記事:つみたてNISAと一般NISA、どちらを選べば良いか。

つみたてNISAとNISA。どちらを選べばよいか。変更もできる。 質問:つみたてNISAとNISAではどちらを選べば良いか。 答え:つみたてNISAを選びましょう。 質問:NISAをやっ...

ただし、つみたてNISAで投資できるのは金融庁が定めた「長期の積立・分散投資に適した」投資信託のみですので、米国企業の個別株を買いたい場合はつみたてNISAではなく、一般NISAを利用する必要があります。

NISAを未だ利用していない人は、必ず口座開設をしましょう。

米株投資でお勧めの証券会社

本格的に米国株に投資をする場合、手数料の安いネット証券の中で、NISAで米国株に投資できる証券会社を利用するのが良いです。

楽天証券やSBI証券がお勧めです。どちらも取り扱い銘柄が多く、手数料も格安です。

楽天経済圏を利用している人は楽天証券が良いです。楽天カードで積立てると、ポイントが還元されるためお得です。

出来るだけ少額で米国株への投資を始めたい場合はワンタップバイがお勧めです。取り扱い銘柄は少ないですが、1,000円から買い付けできるので資金管理はし易いと思います。

楽天証券

楽天証券ではNISA、特定口座のいずれでも米国株へ投資できます。

NISAを利用していない人はNISA一択ですが、既に日本株で利用していたり上限を超えて投資したい人は特定口座も開設しましょう。

特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば、投資利益の税金処理は証券会社が代行してくれるため、確定申告の手間が無くなるのでお勧めです。(確定申告は難しくないので、出来ればやった方が良いですが・・・)

特定口座であれば、日本株とも損益通算できます。

つみたてNISAを利用する場合、積み立て時の支払いを楽天クレジットカードで行うと楽天スーパーポイントが貯まります。楽天ユーザの人は楽天証券でNISA口座を開設するとお得です。

特定口座の場合でも、ネット証券の強みである安い手数料で利用でき、また楽天証券の指定するいくつかのETF銘柄については、買い付け手数料が無料で利用できます。

約定代金 手数料
約定代金が2.22ドル以下 無料
2.22ドル以上、4,444.45ドル以下 約定代金の0.495%
4,444.45ドル以上 22ドル

基本的に約定代金の0.495%の取引手数料がかかりますが、約定代金が4,444.45ドル以上は一律で22ドルの手数料となります。

108円/1ドルの為替レートの場合、約定代金が240円以下の場合、手数料は無料、240円~40万円の場合、手数料は約定代金の0.495%、40万円以上の場合は一律で2,376円ということになります。

同じ金額で比べた場合、日本株と比べれば高い手数料になりますが、例えば1000万円などの大きな金額になると一律の手数料はお得になってきます。

楽天証券では楽天証券が指定したETFの買い付け手数料が無料になるという利点もあります。ただし、無料になるのは買い付けだけで、売るときには手数料が必要です。

(SPY )SPDR S&P 500 ETFや(VOO)バンガード・S&P 500 ETFなども買い付け無料対象のETFなので、これらを上手く利用するとお得です。

また、楽天証券には「超割コース」があり、日本株だけでなく米国株取引の場合でも1%~2%が楽天ポイントとして還元されます。

楽天ポイントを利用する機会がある人は、楽天証券をお勧めします。

SBI証券

SBI証券はネット証券の中で口座開設数がトップクラスの大手なので、既に口座を持っている人も多いかもしれません。

既にSBI証券で口座を持っている場合は、そのまま利用するのが余計な手間が不要なので簡単・スムーズです。

ネット証券が相次いで手数料の値下げ競争を行ったため、現在どこのネット証券も手数料は横並びです。

約定代金 手数料
約定代金が2.22ドル以下 無料
2.22ドル以上、4,444.45ドル以下 約定代金の0.495%
4,444.45ドル以上 22ドル

SBI証券の場合も最大手数料は22ドルです。

また、SBIでもSBI証券が指定したETFの買い付け手数料が無料になるという利点もあります。ただし、無料になるのは買い付けだけで、売るときには手数料が必要です。

(SPY )SPDR S&P 500 ETFや(VOO)バンガード・S&P 500 ETFなども買い付け無料対象のETFなので、これらを上手く利用するとお得です。

楽天証券、SBI証券、マネックス証券などのネット証券大手の手数料や取り扱い銘柄は横並びで大差はありません。

楽天ポイントの特典が魅力なら楽天証券を、既に口座を持っている証券会社があって新規開設の手続きが面倒であれば、そのままその口座を利用すると良いと思います。

ワンタップバイ

ワンタップバイは、米国企業の個別株式を1,000円単位から売買できます。

大型株でも小額から取引できるため、多くの個別株に少額ずつ投資するなど分散投資がし易くなります。

アップルやマイクロソフトなどの有名大手企業の個別株式はもちろん、S&P500ETFも売買可能です。3倍レバレッジのS&P500ETFもありますので、少額でハイリターンを狙うことも可能です。

ワンタップバイでは約定金額での手数料ではなく、FXと同じように買い付け価格と売却価格に差額を設ける「スプレッド制」を取っています。

手数料 手数料
スプレッド 0.5%(23:30 ~ 6:00)※夏時間は22:30 ~ 5:00
0.7%(上記時間以外)
為替手数料 1ドルあたり35銭を買い/売りそれぞれで徴収

楽天証券やSBI証券などと比べても、少額であればそれほど高い手数料設定ではありません。ただし、上限が一律で設定されている楽天証券やSBI証券と比べると、一度の約定金額が大きくなれば手数料の差が出てしまうので、少額取引に向いた方法と言えます。

「ワンタップバイ積み株」アプリで定期的に積み立てすることも可能ですので、1週間ごと、1ヵ月ごとなど積み立て頻度と金額を設定して投資するのがお勧めです。

投資サービス・ツール