つみたてNISA・一般NISA

米国株の投資方法。個別株、株価指数CFD、ETFを初心者向けに説明。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
米国株の投資方法を説明。個別、指数(インデックス)、ETF

株式市場は米国の一人勝ちが続いています。

現在では米国株もネット証券で簡単に取引することができます。当記事では個別株株価指数CFDETFの3つの投資方法を初心者向けに解説します。

米国株の投資方法。個別株、株価指数CFD、ETF

リスクリターン、長期/短期など、どのような投資をするかで方法は変わります。また、資金の大きさや資金効率でも変わります。

個別株 株価指数CFD ETF
リスクリターン
長期/短期 ×
資金効率 ×
始めやすさ

米国株の投資方法

当記事では米国株への投資方法を個別株、株価指数CFD、ETFの3つで紹介します。

まずETFやCFDの積立をお勧めします。それにプラスして成長が見込める企業の個別株をいくつか(積立しながら)持っておくのが良いでしょう。

特に配当利益、決済利益が非課税になる「つみたてNISA」は必ず利用したい制度です。

お勧めの米国株の投資方法。米株ETF・株価指数CFD+積み立て

ETFや株価指数CFDの積み立てには次のようなメリットがあります。

  • 分配金(配当)による利益を長期に渡って享受
  • 特定の企業の業績だけに影響されない
  • ドルコスト平均法で取得単価を下げる
  • 急騰・急落に左右されない

地道に資産を増やしていくのに向いた方法です。

① 個別米国株

最もオーソドックスなAppleなど米国企業の個別株式へ投資する方法です。現物だけでなくCFDでも取引できます。

米国株投資 個別株

現物はマネックス証券SBI証券、CFDはGMOクリック証券などで取引できます。

個別株
リスクリターン
長期/短期
資金効率 ×
始めやすさ

個別株は次のようなメリット、デメリットがあります。

メリット
  • 1株単位から購入できる。
  • 好きな企業に投資できる。
  • 狙った企業の株価が伸びると利益が大きい。
デメリット
  • リスク分散が難しい。
  • 銘柄の選定や監視が大変かつ難しい。
  • 狙った企業の株価が下がると損失が大きい。

米国株は1株単位で購入可能なため、少ない資金で投資ができます。

日本株は最低単元数(100株が多い)が定められているため、最低投資金額がどうしても大きくなります。

個別米国株に投資するメリットは「自分の好きな企業に投資できる」という点です。

米国企業は株主還元の姿勢が強いため、配当利回りも高く、さらに個々の成長率も高いという特徴があります。

Appleなど、時価総額が1超ドル(100兆円以上)を超える企業も出てきました。企業選びに成功した場合、リターンは大きいです。

引用:Appleの株価(Yahoo!ファイナンス)

一方で、銘柄単体の値動きに大きく左右されるため、リスク分散が難しいです。複数企業の株を少数ずつ持つことでリスク分散は図れますが、それらの値動きや業績を常にモニタリングするのは大変です。

個別株の場合、成長が見込まれる企業を見つけ、現物株で長期投資を前提に考えるのがよいと思います。(短期のトレードならレバレッジの利くCFD)

② 米国株ETF/米国投資信託

テーマを持った企業株に連動する指数や、代表的な米国株価指数に投資するものです。ETFは複数の銘柄から構成されるため、必然的に分散投資になります。

米国株投資 ETF

楽天証券SBI証券などで投資ができます。

ETF
リスクリターン
長期/短期
資金効率
始めやすさ

ETFは次のようなメリット、デメリットがあります。

メリット
  • 必然的に分散投資になる。
  • 株価指数に投資できるが、CFDや先物より少額。
  • 指数なので値動きが分かりやすい。
  • 選択肢が多い。
デメリット
  • 特定の企業に集中投資したい場合は向かない。
  • 選択肢が多すぎて選ぶのが難しい。
  • 詳細が分かりづらいものが多い。

ETFはテーマに沿った銘柄から構成されたり指数に連動するため、トレンド全体に投資できたり、値動きが分かりやすいというメリットがあります。

また、テーマ(5Gや医薬品など)を持つETFだと、同じテーマ性のある個別株に分散投資する効果を得ることができます。

さらに別の観点として、配当重視(高配当)の銘柄に着目したETFなどもあります。

例えば、純資産総額の大きな(人気の)「(IVV)iシェアーズ・コア S&P 500 ETF」はS&P500に連動するように設計され、米国大型株のパフォーマンスを反映します。

高配当で人気の「(VIG)バンガード・米国増配株式ETF」は10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されており、配当重視指向のETFです。

一方、どのETFに投資するかという「最初の選択」で悩みがちです。お勧めは、純資産総額が大きな(それだけ人気)なものから、投資したいテーマにあったETFを選ぶことです。

米国株価指数連動 (IVV)iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
(VTI)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
(DIA)SPDR ダウ工業株平均 ETF
高利回り (VIG)バンガード・米国増配株式ETF
(VYM)バンガード・米国高配当株式ETF
(HDV)iシェアーズ・コア高配当株ETF

ETFは比較的少ない資金で投資ができます。少額から投資ができるということは「分散・積み立て・長期」という投資に求められる特性を満たしやすいということです。

ETFでは分配金という形で配当や利子を受け取れます。ただし、金や原油など配当を含まない商品で構成されるETFは分配金がないので注意してください。

③ 米国株価指数CFD

NYダウやNASDAQなどの株価指数のCFDに投資する方法です。

なお、株価指数CFDにはくりっく株365という金融商品があり、通常のCFDよりも高レバレッジです。ハイリスク・ハイリターンを求める場合は利用すると良いと思います。

詳しく知りたい人はこちらの記事にまとめています。

取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの違いを比較。レバレッジと為替影響の有無。 この記事では、これからCFDを始めたい人に向けて「取引所CFD(くりっく株365)」と「店頭CFD」の違いと特徴を説明します。 ...

CFDは指数だけでなく個別株もあります。

米国株投資 CFD

株価指数CFDはひまわり証券など、個別株CFDはGMOクリック証券などで取引できます。

株価指数CFD
リスクリターン
長期/短期 ×
資金効率
始めやすさ

株価指数CFDは次のようなメリット、デメリットがあります。

メリット
  • レバレッジが効くため、少額でも始めやすく資金効率が高い。
  • 買いだけでなく売り(空売り)もできる。
  • 個別株、株価指数のどちらへも投資できる。
  • くりっく株365なら為替レートを気にせず日本円で取引可能。
デメリット
  • 金利の支払いが発生するので長期投資には向かない。
  • 株主優待がない。
  • ハイリスク・ハイリターン。

レバレッジがあることから、少額でも始めやすい一方、本来の資金の何倍もの取引をすることでハイリスク・ハイリターンの取引になります。

例えばレバレッジは10倍の場合、10万円の元手資金で100万円のCFDを取引できることになります。そのため利益も10倍、損失も10倍です。

米国株CFDでは個別株も株価指数も取引できますが、CFDを選択するなら始めやすいくりっく株365でNYダウ平均株価指数に投資することをお勧めします。

くりっく株365では他にイギリスのFTSE100やドイツのDAX指数などにも投資ができます。もちろん日経平均株価にも投資できます。

レバレッジで取引した額に対して配当が出ますので、10万円の元手資金で100万円の株価指数CFDを購入した場合、100万円分の配当が受け取れます。

その一方で、CFDには金利の支払いが発生するため、支払う金利と受け取る配当を考慮して長期運用できるかを検討する必要があります。

支払金利の方が大きい場合、株価指数の金額が同じとすると資産が目減りしてしまうので注意してください。

CFDでの金利と配当の関係については以下の関連記事に纏めています。

関連記事:CFDの配当金と金利を比較

ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

関連記事:CFDの調整額とは

CFDの調整額とは。価格調整額・権利調整額(配当)・金利調整額。原資産(先物・ETF等)やくりっく株365でも異なる。 CFDに投資する人が増えています。CFDは資金効率の良さや決済期限が無いことで人気の投資方法です。 この記事では、株価指数CF...

最低限やりたい米国株投資方法

最低限、やっておきたい米国株投資方法は「つみたてNISA」です。

その次にやっておきたいのが「個別株」の積み立て投資です。

やはりリターンという点では個別株投資に軍配があります。成長が狙える企業の株を積み立て式で買っていきましょう。

① つみたてNISAで米国株に投資

NISA(少額投資非課税制度)は年間の決まった取引額に対し、取引手数料や運用益(売却益や配当金)が非課税になる制度です。

まだ利用していない人は、必ず口座開設して利用しましょう。例えば楽天証券のつみたてNISAでは次のような米国株ETFに投資ができます。

つみたてNISA つみたて米国株式(S&P500)
米国株式インデックス・ファンド

つみたてNISAの説明はこちらの関連記事で詳しく説明しています。

関連記事:つみたてNISAと一般NISA、どちらを選べば良いか。

つみたてNISAとNISA。どちらを選べばよいか。変更もできる。 質問:つみたてNISAとNISAではどちらを選べば良いか。 答え:つみたてNISAを選びましょう。 質問:NISAをやっ...

② 個別企業株を積立投資

こちらは成長を期待できる銘柄をじっくり調べた上で投資しましょう。さらに、投資資金の全額で一括購入するのではなく、毎月決まった金額を積み立て投資する方がお勧めです。

GMOクリック証券などで買える米国株式CFDを、毎月決まった金額だけ買って積み立てていきます。

米国株は証券会社によって取り扱い銘柄の違いがあります。GMOクリック証券マネックス証券などで、自分の買いたい企業の株の取り扱いがあるかを確認しておきましょう。

米国株投資でお勧めの証券会社

つみたてNISA、個別株でお勧めの証券会社を紹介します。

つみたてNISAは楽天証券SBI証券、個別株式はGMOクリック証券マネックス証券をお勧めします。

① 楽天証券(つみたてNISA)

楽天証券ではつみたてNISA、特定口座のいずれでも米国株へ投資できます。

つみたてNISAを利用する場合、積み立て時の支払いを楽天クレジットカードで行うと楽天スーパーポイントが貯まります。

また楽天証券の指定するいくつかのETF銘柄については、買い付け手数料が無料で利用できます。ただし、無料になるのは買い付けだけで、売るときには手数料が必要です。

約定代金 手数料
約定代金が2.22ドル以下 無料
2.22ドル以上、4,444.45ドル以下 約定代金の0.495%
4,444.45ドル以上 22ドル

基本的に約定代金の0.495%の取引手数料がかかりますが、約定代金が4,444.45ドル以上は一律で22ドルの手数料となります。

108円/1ドルの為替レートの場合、約定代金が240円以下の場合、手数料は無料、240円~40万円の場合、手数料は約定代金の0.495%、40万円以上の場合は一律で2,376円ということになります。

日本株と比べれば高い手数料になりますが、大きな金額になると一律の手数料はお得になってきます。

(SPY)SPDR S&P500ETFや(VOO)バンガード・S&P500ETFなども買い付け無料対象のETFなので、これらを上手く利用するとお得です。

また、楽天証券には「超割コース」があり、日本株だけでなく米国株取引の場合でも1%~2%が楽天ポイントとして還元されます。

② SBI証券

SBI証券はネット証券の中で口座開設数がトップクラスの大手なので、既に口座を持っている人も多いかもしれません。

ネット証券が相次いで手数料の値下げ競争を行ったため、現在どこのネット証券も手数料は横並びです。

約定代金 手数料
約定代金が2.22ドル以下 無料
2.22ドル以上、4,444.45ドル以下 約定代金の0.495%
4,444.45ドル以上 22ドル

SBI証券の場合も最大手数料は22ドルです。

また、SBI証券でもSBI証券が指定したETFの買い付け手数料が無料になるという利点もあります。ただし、無料になるのは買い付けだけで、売るときには手数料が必要です。

楽天ポイントの利用頻度が高い人は楽天証券の方が良いでしょう。楽天を普段利用しない人は、SBI証券で良いと思います。

③ GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取り扱い銘柄が豊富なネット証券です。

米国株もApple、Microsoftなど、主要な企業のCFDを取り扱っていますので、つみたてNISAの次の優先度で投資を考えてみると良いと思います。

④ マネックス証券

マネックス証券も米国株への投資でスタンダードなネット証券です。

大型株だけでなく、米国の中小企業の株も豊富(3,600銘柄超)に取り扱っています。

GMOクリック証券では取り扱いのない銘柄も多く扱っていますので、ここで口座を持っておくと買いたい株が買えないということはないと思います。

 

当記事では米国株投資の方法について説明しました。

これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
取り扱い銘柄が豊富かつ手数料が安いネット証券大手。
米国株CFDは必須。金CFDや原油CFDなども。

◆SBI証券
ネット証券最大手。
個別株式(日本・米国)の他に、つみたてNISA、iDeCoなどにもお勧め。
SBI証券[旧イー・トレード証券]
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」。初心者向けの自動売買ツール。
アイネットFX
◆ひまわり証券
レバレッジの大きな取引所CFD(くりっく株365)を取り扱う証券会社。
日経225先物やNYダウ先物にお勧め。
くりっく株365
◆LINE証券
身近なツールであるLINE上で株を少額で売買できる。
軽く投資を始めたい人にお勧め。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
Tポイントが使える少額投資サービス。
1株から日本株を購入でき、手数料も安い。
SBIネオモバイル証券 口座開設