投資方法

米国株の投資方法を初心者向けに解説。個別株、株価指数CFD、ETF(投資信託)。

今では米国株もネット証券で簡単に取引することができます。

当記事では個別株株価指数CFDETF(投資信託)の3つの投資方法について、初心者向けに比較・解説します。

米国株の投資方法。個別株、株価指数CFD、ETF

リスク、リターンや短期・中長期投など、求めるスタイルでどの投資方法を選択した方が良いかは変わってきます。大まかには次のとおりです。

比較項目 個別株 株価指数CFD ETF
リターン 大きい 大きい 少ない
リスク 大きい 大きい 少ない
長期/短期 長期向き 短期向き 長期向き
積立 積立向き 不向き 積立向き
資金効率 ×
始めやすさ

当記事では、それぞれの投資方法に対して比較項目を詳しく比較します。

米国株の投資方法

米国株への投資方法を個別株、株価指数CFD、ETF(投資信託)の3つで紹介します。

個別株は一般NISAを、ETFはつみたてNISAを含めて説明します。NISA制度は絶対に利用すべき投資制度ですが、つみたてNISAは投資信託のみです。

当ブログでは、長期はつみたてNISAで米国株ETFへ積立投資をしながら、短中期は個別株や株価指数CFDで大きなキャピタルゲインを狙う方法がおすすめです。

おすすめは「つみたてNISA(ETF)」と「個別株・株価指数CFD」で分散

① 個別米国株

最もオーソドックスなAppleなど米国企業の個別株式の現物を買う方法です。

実は現物だけでなく、一部の証券会社ではCFDでも取引できます。

記事冒頭の比較表では現物として評価しましたが、ここでは現物とCFDで分けて評価します。どちらも一長一短あり、タイプが全くことなるためです。

現物個別株

比較項目 個別株
リターン 大きい
リスク 大きい
長期/短期 長期向き
積立 積立向き
資金効率 ×
始めやすさ

個別株に投資するメリットは「自分の好きな企業に投資できる」という点が一番です。

また、保有コストが安いため、長期投資に向いています。

自分の好きな企業に投資し、その企業が大きく成長すれば大きなリターンが望めます。

ただし、その企業が失敗すれば損失も大きいです。投資する銘柄を分散できなければ、当然リスクは大きくなります。

米国株は日本株と違って1株単位で買うことができます。

日本株は単元数(100株)単位でしか買えないので、1つの銘柄でも購入価格が高くなります。1株2,000円でも20万円が必要です。

では1株から買える米国株は低予算で買えるかというと、そうでもありません。銘柄にもよりますが、米国株は1株あたりが高いためです。

Microsoftなら1株あたり200ドル。Amazonは1株あたり2,000ドル以上です。

ということで、米国株の場合も限られた予算を一気に投資するのはかなり厳しいことが分かります。

以上から(銘柄を分散しなければ)リターンとリスクは大きく、(単価が高いため)積立・長期向きで、(単価が高いため)資金効率は悪い投資方法となります。

メリット
  • 好きな企業に投資できる
  • 集中投資が成功するとリターンが大きい
デメリット
  • リスク分散が難しい
  • 銘柄の選定や監視が大変かつ難しい
  • 集中投資が失敗すると損失が大きい

個別株CFD

比較項目 個別株
リターン より大きい
リスク より大きい
長期/短期 短期
積立 不向き
資金効率
始めやすさ

一部の証券会社では個別株CFDを取り扱っています。

CFDはレバレッジ(5倍)があることが最大のメリットです。

10万円の資金で50万円分の個別株CFDを買えるので、同じ銘柄でも現物株の5倍のポジションを持てますし、1株価格が高すぎて現物では厳しい銘柄へも投資できます。

しかし、ポジションに応じて毎日の金利(ファンディングコスト)が手数料となるため、長期の保有には不向きです。

現物とCFDの比較はこちらの記事にまとめています。米国個別株もCFDで買うことができるということは知っておくと良いと思います。

特に投資予算が少ない場合、CFDは有力な選択肢になります。

はじめての米国株。現物とCFDを比較。投資予算と期間で使い分けがお勧め。この記事では、はじめて米国株に投資を考えている人向けに「現物」と「CFD」の投資方法を比較します。 投資方法 説明 ...
メリット
  • レバレッジ(5倍)で資金効率が高い。
デメリット
  • 金利のため長期保有には向かない

② 米国株価指数CFD

NYダウやNASDAQなどの株価指数CFDに投資する方法です。

株価指数CFDは10倍のレバレッジがあるため、少ない資金で大きな取引ができます。また、先物よりも小さな単位で取引できるため、リスクを抑えながらの投資が可能です。

NYダウやNASDAQ、S&P500などのインデックスに株価指数CFDで投資し、気になる銘柄だけ個別株CFDで投資するなどの分散もお勧めです。

米国株投資 CFD

株価指数CFDも個別株CFDと同じCFD商品なので、考え方は同じです。

ハイレバレッジである分、リターンとリスクは大きくなり、金利がかかるため長期保有には向きません。

比較項目 株価指数CFD
リスク 大きい
リターン 大きい
長期/短期 短期
積立 不向き
資金効率
始めやすさ
メリット
  • レバレッジ(10倍)で資金効率がよい
  • 空売りもできる
デメリット
  • 金利のため長期保有には向かない

CFDは金利の支払いもありますが、配当金もあります。金利と配当金は株価指数CFDの種類によって異なります。

配当金>金利の場合は保有しているとプラスに、配当金<金利の場合は保有しているとマイナスになるので、どの株価指数CFDに投資するかは重要です。

ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...
株価指数CFDの調整額を解説。価格調整額、権利調整額(配当)、金利調整額 CFDはレバレッジによる資金効率の良さや、先物と違って決済期限が無いことで人気の投資方法です。 株価指数CFDだけではなく、個...

なお、株価指数CFDにはくりっく株365という金融商品もあり、通常の株価指数CFDよりも高レバレッジです。

くりっく株365で投資できる株価指数はNYダウや日経平均などの一部に限られますが、高いレバレッジでインデックス投資したい人にはおすすめです。

取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの違いを比較。レバレッジと為替影響の有無。 この記事では、これからCFDを始めたい人に向けて「取引所CFD(くりっく株365)」と「店頭CFD」の違いと特徴を説明します。 ...

③ 米国株ETF/米国投資信託

ETFでは、テーマを持った企業株に連動する指数や、代表的な米国株価指数に投資できます。ETFは複数の銘柄から構成されるため、必然的に分散投資になります。

米国株投資 ETF

つみたてNISAでは個別株に投資はできないので、投資信託を選ぶことになります。つみたてNISAを未だ始めていない人は、まずここから始めましょう。

比較項目 ETF
リスク 小さい
リターン 小さい
長期/短期 長期向き
積立 積立向き
資金効率
始めやすさ

ETFはとても多くの種類があり、インデックス、高配当重視、ハイテクやエネルギーなどのテーマ性を持つものまで様々です。

ETFはテーマに沿った銘柄から構成されたり指数に連動するため、トレンド全体に投資できたり、値動きが分かりやすいというメリットがあります。

また、テーマ(5Gや医薬品など)を持つETFだと、同じテーマ性のある個別株に分散投資する効果を得ることができます。

さらに別の観点として、配当重視(高配当)の銘柄に着目したETFなどもあります。

例えば、純資産総額の大きな(人気の)「(IVV)iシェアーズ・コア S&P 500 ETF」はS&P500に連動するように設計され、米国大型株のパフォーマンスを反映します。

高配当で人気の「(VIG)バンガード・米国増配株式ETF」は10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されており、配当重視指向のETFです。

一方、どのETFに投資するかという「最初の選択」で悩みがちです。お勧めは、純資産総額が大きな(それだけ人気)なものから、投資したいテーマにあったETFを選ぶことです。

米国株価指数連動 (IVV)iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
(VTI)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
(DIA)SPDR ダウ工業株平均 ETF
高利回り (VIG)バンガード・米国増配株式ETF
(VYM)バンガード・米国高配当株式ETF
(HDV)iシェアーズ・コア高配当株ETF

ETFは比較的少ない資金で投資ができます。少額から投資ができるということは「分散・積み立て・長期」という投資に求められる特性を満たしやすいということです。

ETFでは分配金という形で配当や利子を受け取れます。ただし、金や原油など配当を含まない商品で構成されるETFは分配金がないので注意してください。

メリット
  • つみたてNISAが使える
  • 分散投資になる
  • CFDや先物より少額
  • 指数なので値動きが分かりやすい
  • 選択肢が多い
デメリット
  • 選ぶのが難しい
  • 詳細が分かりづらい

それぞれの投資方法でおすすめの証券会社

それぞれの投資方法でおすすめの証券会社を紹介します。

投資方法 証券会社
個別株(現物) SBI証券、楽天証券、マネックス証券
個別株(CFD) GMOクリック証券
株価指数CFD GMOクリック証券
ETF SBI証券、楽天証券

① SBI証券

SBI証券はネット証券の最大手です。

ネット証券が相次いで手数料の値下げ競争を行ったため、現在どこのネット証券も手数料は横並びです。

約定代金 手数料
2.22ドル以下 無料
2.22ドル以上、4,444.45ドル以下 0.495%
4,444.45ドル以上 22ドル

SBI証券では、SBI証券が指定したETFの買い付け手数料が無料になります。ただし、無料になるのは買い付けだけで、売るときには手数料が必要です。

楽天ポイントの利用頻度が高い人は楽天証券の方が良いでしょう。楽天を普段利用しない人は、SBI証券で良いと思います。

② 楽天証券(つみたてNISA)

楽天証券ではつみたてNISAの利用がおすすめです。

つみたてNISAの積み立てを楽天クレジットカードで行うと、楽天スーパーポイントが貯まるためです。

また楽天証券の指定するいくつかのETF銘柄については、買い付け手数料が無料で利用できます。ただし、無料になるのは買い付けだけで、売るときには手数料が必要です。

約定代金 手数料
2.22ドル以下 無料
2.22ドル以上、4,444.45ドル以下 0.495%
4,444.45ドル以上 22ドル

108円/1ドルの為替レートの場合、約定代金が240円以下の場合、手数料は無料、240円~40万円の場合、手数料は約定代金の0.495%、40万円以上の場合は一律で2,376円ということになります。

日本株と比べれば高い手数料になりますが、大きな金額になると一律の手数料はお得になってきます。

(SPY)SPDR S&P500ETFや(VOO)バンガード・S&P500ETFなども買い付け無料対象のETFなので、これらを上手く利用するとお得です。

また、楽天証券には「超割コース」があり、日本株だけでなく米国株取引の場合でも1%~2%が楽天ポイントとして還元されます。

③ マネックス証券

マネックス証券も米国株への投資でスタンダードなネット証券です。大型株だけでなく、米国の中小企業の株も豊富(3,600銘柄超)に取り扱っています。

SBI証券や楽天証券に取り扱いのない米国株でも、マネックス証券にはある場合もあります。

④ GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取り扱い銘柄が豊富なネット証券です。

個別株CFD、株価指数CFDに投資するならここがお勧めです。

この記事で米国個別株CFDに興味をもった人は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

米国株の個別株CFDはGMOクリック証券、IG証券で取り扱いがありますが、手数料や取り扱い銘柄数などに違いがあります。

米国株CFDならGMOクリック証券とIG証券。手数料と取扱い銘柄で比較。米国株は最低購入単元数がある日本株と違って1株から売買できますし、ほとんどのネット証券でも取引できます。 しかし、1株でも単価が高...
これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFD。
ゴールドや原油など商品CFDも豊富。

◆SBI証券
ネット証券最大手。
つみたてNISA、iDeCoにもお勧め。
SBI証券[旧イー・トレード証券]
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
レバレッジの大きな取引所CFD(くりっく株365)の取り扱いあり。
日経225やNYダウにお勧め。
くりっく株365
◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。
軽く投資を始めたい人にお勧め。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。
手数料が定額制で売買頻度が多い人にお勧め。
SBIネオモバイル証券 口座開設