マイメイト

【マイメイト】マイメイトQ&A!始めるための必要資金や通貨ペアの選び方!

マイメイトのQ&A

この記事では、これからマイメイトを始める人や、始めたばかりの人に向けてマイメイトのQAをまとめます。

マイメイト

インヴァスト証券にもよくある質問がありますが、ここでは当ブログの考えをオリジナリティとしてまとめます。

例えば必要証拠金や通貨ペアの選び方など、公式が推奨している枠に留めず、当ブログの考えを書いています。

さらに当記事はスクショを多用しているので公式QAよりも分かりやすい!かも。

マイメイトQ&AマイメイトQ&Aの例

始め方のQ&A

マイメイトの始め方の記事もご覧ください。

マイメイトの始め方
【マイメイト】初心者向き!好成績のAIお任せ裁量トレードのFX自動売買!完全にAIに裁量トレードを任せるFX自動売買であるインヴァスト証券のマイメイトが注目されています。 トラリピやループイフダンなどの...

取引口座の作り方は?

マイメイトを始めるには「①インヴァスト証券の口座」の開設と「②マイメイトの登録」が必要です。

  1. インヴァスト証券の口座開設
  2. マイメイトの新規登録(メールアドレスのみ)

マイメイトを登録すると、マイメイトにインヴァスト証券口座のIDでログインできるようになります。

すでにインヴァスト証券で口座を持っている場合は、マイメイトへの登録だけですぐに利用を開始できます。

今なら口座開設でAIの追加作成や強化に使えるマイメイトポイントがもらえます。

マイメイト

必要証拠金の目安は?

最小取引単位の5,000通貨の場合で1エージェント@4~5万円くらいです。

ひとつのエージェントは1つのポジション(1ロット)を持ち、最小取引単位は5,000通貨です。

※南アフリカランド/円は1ロット5万通貨

通貨ペアによって必要証拠金は違い、その時の為替レートによっても変わります。

2022年7月現在だと、主要通貨ペアは3万円前後です。(下記スクショ参照)

マイメイトの証拠金と稼働AI数マイメイトの証拠金と稼働AI数

ポジションが含み損を抱えた場合を考え、1エージェント4~5万円前後で考えるとよいと思います。

ただし、全てのエージェントが常にポジションを持つわけではありません。

当ブログの実績ではだいたい4~6割のエージェントがポジションを持っている状態でした。

そのため、稼働するエージェント数はやや多めにしておいても問題なさそうです。

通貨ペアの選び方は?

インヴァスト証券の検証では「レンジを形成する通貨ペア」よりも「トレンドを形成する/動きのある通貨ペア」のほうが良い成績となっています。

そのため「ドル/円」「ユーロ/ドル」など、通貨の強弱がはっきりしやすい通貨ペアが向いています。

反対に「豪ドル/NZドル」「ユーロ/ポンド」など、相関の強い通貨ペアはあまり向かないということです。

豪ドルとNZドルはどちらもオセアニアの通貨で相関しますし、ユーロとポンドも同じ欧州の通貨なので、同じ材料に影響されます。

エージェントの選び方は?

初心者の人とそれなりに知識のある人で選び方は分かれると思います。

初心者の場合は「ランキング上位のエージェント」「稼働数が多いエージェント」「おすすめエージェントチーム」などを参考に選びます。

「ランキング上位のエージェント」はエージェント選択画面で上位に表示されるランキング上位を選ぶ方法です。クラスや期間損益が高いエージェントです。

「稼働数が多いエージェント」は他のユーザの判断に乗っかる方法です。「使っている人が多い=成績が良い」という考え方です。

「おすすめエージェント」はマイメイトの「おすすめエージェントチーム」で提案されるエージェントから選ぶ方法です。

マイメイトのAIの選び方1マイメイトのAIの選び方

知識のある人は「チャートと損益の関係」「取引回数の多い/少ない」「累積損益の関係」などから、今後の成績を予想してエージェントを選ぶとよいでしょう。

インヴァスト証券のブログでも損益曲線を参考に選ぶ方法が紹介されています。

チャートや損益曲線、取引回数など様々な情報からエージェントのタイプを判断して選択する方法です。(正直、難しいです)

エージェントにはいろいろなタイプがいるので、上手く選べると利益が高くなるはずです。

当ブログが使ってみたエージェントのタイプとしは、例えばこんな子がいました。

  • 損切り/利確の判断が早く、すぐにドテンする。
  • すごく慎重でなかなかポジションを持たない。
  • 損切り/利確の判断が遅く、なかなか回転しない。

一概にはどれが良いエージェントでどれが悪いエージェントと判断するのは難しく、優秀なエージェントを使い続けるには試行錯誤と取捨選択が必要です。

取引ルールのQ&A

新規注文はどうやるの?

新規建て注文は毎日午後8時~8時半ごろにエージェントが判断して成行注文します。

エージェントごとに約定タイミングにはバラつきがあります。

新規建てするかどうかのエージェントの判断はこの1日1回で、指値注文はありません。

ユーザが注文することもできません。

決済注文はどうやるの?

新規建て注文と同じく毎日午後8時~8時半ごろにエージェントが判断して成行注文します。

ただし、決済だけは手動で行うことができます。

ポジション一覧からポジションをタップして「決済」を選ぶことで成行決済が可能です。

マイメイトの手動決済マイメイトの手動決済

手動決済したほうがいい?

基本的には手動決済は選ぶべきではないでしょう。

それは人間が裁量トレードをすることと変わらず、マイメイトを使う意味がないからです。

ただ、たとえば「新規建てはAIに任せて損切り/利確はAIに任せる」「損切りはAIに任せるが利確は人間」など何らかのルールの上で手動決済した場合は分かりません。

もしかしたらエージェントに任せるより良い結果になるかもしれませんので、ぜひ試行錯誤してもらえればと思います。

取引判断のタイミングは変えられるの?

エージェントは1日に1回、午後20時ごろに取引判断をします。

この取引判断タイミングは変えられません。

この仕様はインヴァスト証券が検証したところ、もっとも成績がよい結果になったからとのことです。

しかしユーザが戦略の幅を広げるためにも、いくつか設定できるような仕様になると面白いなと思います。

一括で手動決済はできるの?

一括での手動決済はできないので、手動決済する場合はひとつひとつポジションを選んで行うしかありません。

一括でエージェント稼働/停止はできるの?

一括でエージェントを起動するには「おすすめエージェントチーム」からそのまま一括起動することができます。

しかし、一括でのエージェント停止はできません。停止する場合はひとつひとつエージェントを選んで停止するしかありません。

エージェントのQ&A

エージェントの探し方は?

「エージェントの選び方」は「どういう基準でエージェントを採用するか?」というものでした。

では、基準が決まったとして、どうやってエージェントを「探せば」よいのでしょうか?

答えは「ひとつひとつエージェントをチェックしていくしかない」です。

今のところ詳細なエージェントの検索機能はありません。※2022年7月現在

「期間」「通貨ペア」「ランク」を選び、ランキング順に表示されるエージェントをひとつひとつ確認していくしかありません。

しかも、絞り込み時の「期間」は過去1年間までしか選べません。

全期間の損益を確認したければ、各エージェントの損益曲線を確認するしかありません。

エージェントの探し方エージェントの探し方

エージェントの検索機能の強化を期待します。

エージェントの稼働数がMAXのときは?

選びたいエージェントのクローンを探しましょう。

人気のエージェントの近くには、ほぼ必ずクローンがいるはずです。

稼働数MAXのエージェントを使いたい稼働数MAXのエージェントを使いたい

稼働数がMAXのエージェントは、それだけ優秀なので使いたいユーザが多いということです。

必ず近くにクローン作成された同性能のエージェントがいるはずです。

育成履歴からどのエージェントからクローン作製されたか分かるので、探してみましょう。

もしくは、自分のマイメイトポイントを使ってクローン作成するのもOKです。

クローン作成のエージェントは未来永劫オリジナルと同じ性能とは限りませんが、少なくとも当面の間は同じパフォーマンスを発揮するはずです。

用語のQ&A

エージェント必要証拠金額とは?

エージェント必要証拠金額とは、稼働中の全エージェントがポジションを保有した場合の必要証拠金額です。

証拠金・維持率・発注可能額証拠金・維持率・発注可能額

なお、保有ポジションの必要証拠金は「入出金」で確認できます。

必要証拠金・預託額必要証拠金・預託額

エージェント発注可能額金額とは?

エージェント発注可能額とは、エージェントの追加稼働に使える証拠金額です。

発注可能額に余裕があるからと言ってエージェントを稼働させてしまうと、有効証拠金に対して稼働が多すぎる状態になります。

資金効率のアドバイスを参考に、余裕のある稼働数を心がけましょう。

有効比率とは?

有効比率とは、口座の証拠金維持率です。

100%以下になるとロスカットされますので注意しましょう。

有効比率は「FX有効証拠金÷必要証拠金×100」です。

おすすめの口座

当ブログでも使っている口座です。

【マイメイト】
AIのFX自動売買。人間を超えるAIの裁量トレードを実現。

マイメイト
PayPay証券
1,000円から日本株、米国株を取引できる。米国株の積立も可能。
PayPay証券
【GMOクリック証券】
CFD取引に必須。米国株CFD、株価指数CFD、商品CFD。

【LINE証券】
日本株を1株から買うことができ、LINEアプリで簡単に売買。
LINE証券口座開設
【アイネット証券】
FXの自動売買「ループイフダン」で放ったらかし投資。
アイネットFX
ひまわり証券
高レバレッジのくりっく株365。
くりっく株365
SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISAやiDeCoも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]