FX自動売買

ループイフダンの損切り設定は「有り」と「無し」どちらを選ぶのが良いか。

ループイフダン_損切り有り無し

ループイフダンでは損切り「有り」と「無し」を設定で選ぶことができますが、どちらを選ぶのが良いのでしょうか?

当ブログの戦略は「損切り無し」です。

FX自動売買の基本戦略は「長期的に自動で売買させて利益を積み重ねる」ことです。短期的な利益を狙うものではないため、損切りは理に反します。

損切りしないとマイナススワップが気になるところでしょうが、マイナススワップは損切りのマイナスに比べはるかに小さいため、許容した方が理にかないます。

当ブログの戦略では、設定している全てで損切り設定は「無し」で運用しています。ただし、それは「適切と考えられるレンジで運用している」ことが大前提です。

FX自動売買の基本戦略

為替(FX)を対象とする自動売買は基本的に「レンジありき」のツールです。長期のレンジ相場で高値圏にある場合、安値圏にある場合で分けて自動売買を仕掛けます。

  1. 高値圏にあるとき・・・売り設定
  2. 安値圏にあるとき・・・買い設定
FX自動売買の基本戦略FX自動売買の基本戦略

上の図で、売り設定で仕掛けるべきレンジに買い設定で仕掛けてしまうことはNGです。もちろん、買い設定で仕掛けるべきレンジに売り設定で仕掛けてしまうこともNGです。

短期的には、運よく利確されるかもしれません。しかし、長期的に見ると利確される可能性が低くなってしまいます。

これが「決済が見込めず長期的に含み損」となってしまうポジションの典型例です。

高値圏での売り設定や安値圏での買い設定は、短期的に含み損を抱えてしまっても、長期的には利確される可能性が高いです。そのため含み損やマイナススワップを許容して保持し続けることができます。

損切りするデメリット・メリット

損切り設定のデメリットが大きいため、当ブログでは全てのループイフダンを「損切り無し」設定で運用しています。

ただ、損切りのメリットもあるにはあるので、デメリットとメリットの両方を考察します。

考察の観点
  1. デメリット・・・損切りは利益を逃し損失を大きくする。
  2. メリット・・・損切りは証拠金を拘束しない。

① 損切りは利益を逃し損失を大きくする

損切りは利益の機会を逃してしまうことになります。

下記の図は「値幅15銭、ポジション数3の買いループイフダン(B15)」を「損切り設定あり」で運用している場合の例です。

ループイフダン 損切り有り無しどちらが良いか01

買いエントリ①~③で最大ポジションの3つを抱えたため、さらに下落した場合に①のポジションを損切りしています。(6/15の売り決済①)

その後に相場は上昇に転じていますが、ポジション①は損切りしているため、売り決済①は幻の確定利益となってしまいました。

損切り設定を「無し」にしていれば、売り決済①でも利益を得られています。

このように、損切りは利益確定の機会を喪失してしまうことに繋がります。

もちろん、売り決済①で損切りした後、さらに下落していくことも考えられます。しかしFX自動売買の基本戦略のとおり、いずれは利確される可能性の高いポジションです。

損切りして資産を減らしてしまうよりも、含み損を抱えたまま相場が反転して利確するのを待った方が勝率は高いはずです。

それを待てないということは、適切なレンジおよび適切な最大ポジション数で運用ができていないということです。

損切りは証拠金を拘束しない

損切りにメリットがあるとすれば、証拠金を解放できることです。

損切り無しでポジションを抱えてしまうと、そのポジション分の証拠金を拘束してしまい、他の運用に回すことができません。

これを解決する方法は「十分な証拠金を用意」しておくことです。

  • レンジ幅を過去のチャートを参考にして十分に広くする。
  • 最大ポジション数をレンジ幅に収まるように設定する。
  • その設定に見合うだけの証拠金を用意する。

この3点が守られてこそ、自動売買設定は損切り無しで威力を発揮します。

 

最後にポイントをまとめます。

  1. ループイフダンは「損切り無し」で運用がおすすめ
  2. 「損切り貧乏」を防ぎ、利益を最大化する
  3. 仕掛けるレンジ、最大ポジション数、証拠金は適切に準備する

想定する設定において証拠金がどれだけ必要かを把握しておくことは必須です。ループイフダンでは「目安資金表」が用意されており、こちらの記事で解説しています。

ループイフダン_目安資金表の使い方
ループイフダンの目安資金表の見方を解説。通貨ペアごとに必ず証拠金を確認するFXの「ループイフダン」は裁量取引が苦手な人でも勝ちやすい自動売買のツールです。 当ブログでも長年に渡って運用を続けており、コツコ...
これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFDならびに株価指数CFD。商品CFDも豊富。

◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。軽く投資を始めたい人に。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。手数料が定額制で売買頻度が多い人に。
SBIネオモバイル証券 口座開設
◆PayPay証券(旧One Tap BUY)
1,000円から端数株(0.01株など1株未満)を購入できる。日本、米国の優良企業が揃う。
One Tap BUY
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
高レバレッジCFDのくりっく株365。配当もある日経225やイギリスFTSEに。
くりっく株365
◆SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISA、iDeCoにも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]