1株・端数株

PayPay証券で株価指数レバレッジETFに1,000円から投資できる。

PayPay証券でレバレッジETFに投資

PayPay証券(旧One Tap BUY)の日米株アプリでは、日米の個別株だけでなく日経平均やS&P500の株価指数ETFに投資できます。

通常の株価指数ETFだけでなく、2~3倍のレバレッジのあるレバレッジ型ETFもあります。また、指数と反対の値動きをするインバース型ETFもあります。

株価指数ETF 特徴
レバレッジ型ETF 株価指数の2~3倍で値動き
インバース型ETF 株価指数とは反対の向きに値動き

これらのレバレッジ型ETF、インバース型ETFを使えば、通常よりも大きな利益を狙うことや下落局面での利益を狙うことが可能です。

PayPay証券では最低1,000円からの購入が可能です。そのため個別株のリスクヘッジに使うなど、戦略に幅を持たせられます。

当記事ではPayPay証券で買うことができるレバレッジ型、インバース型ETFを紹介します。

PayPay証券の日米株アプリ
PayPay証券

日本株価指数ETF

PayPay証券で売買できる日本の株価指数ETFは次の4種類です。

()内の数字が日経平均株価に対して何倍で連動するかを表しています。

  1. 日経225連動型上場投資信託(×1倍)
  2. 日経平均レバレッジETF(×2倍)
  3. 日経平均インバースETF(×-1倍)
  4. 日経平均ダブルインバースETF(×-2倍)

ETFは空売りできないので、下落局面を狙う場合は相場と反対方向に動くインバース型を買うことになります。

PayPay証券では1,000円から購入できるため、1回あたりの購入金額を低くすることでリスクコントロールができます。

レバレッジで大きな金額を1回で買ってしまうとリスクが高いですが、少額をタイミングを分けて買っていくことでリスクを下げることができます。

そのため、少ない資金で大きな利益を狙えるレバレッジ型ETFは、PayPay証券との相性が良いいと言えます。

① 日経225連動型上場投資信託(×1倍)

日経225連動型上場投資信託(1321)

レバレッジ型ではないので日経平均株価と同率で変動します。

日経225の値動き

日経平均株価が1%値上がりすれば、ETFも1%値上がりします。値下がりの場合も同様です。

② 日経平均レバレッジETF(×2倍)

NEXT FUND 日経平均レバレッジ・インデックス連動上場投信(1570)

日経平均株価の2倍で変動します。

日経225レバレッジ(2倍)の値動き

日経平均株価が1%値上がりすれば、ETFは2%値上がりします。値下がりも同様です。

③ 日経平均インバースETF(×-1倍)

NEXT FUND 日経平均レバレッジ・インデックス連動上場投信(1571)

レバレッジのないインバースなので、日経平均株価の変動と反対に同率で変動します。

日経225インバース(-1倍)の値動き

日経平均株価が1%値上がりすれば、ETFは1%値下がりします。反対に日経平均株価が1%値下がりすれば、ETFは1%値上がりします。

④ 日経平均ダブルインバースETF(×-2倍)

NEXT FUND 日経平均ダブルインバース(1357)

2倍レバレッジのインバースなので、日経平均株価の変動と反対に2倍で変動します。

日経平均株価が1%値上がりすれば、ETFは2%値下がりします。反対に日経平均株価が1%値下がりすれば、ETFは2%値上がりします。

米国株価指数株ETF

PayPay証券で売買できる米国の株価指数ETFは多いですが、この記事ではS&P500とNASDAQに連動するETFを紹介します。

他にも高配当株式ETFや増配株式ETFなども取り扱いがあります。

  1. SPDR S&P500ETF(×1倍)
  2. Direxion S&P500ブル3倍(×3倍)
  3. Direxion S&P500ベア3倍(×3倍)
  4. インベスコQQQ(×1倍)

米国株価指数では相場と反対方向に動くものは「ベア」で表記されています。

ハイテク株価指数であるナスダックに連動するQQQも取扱いがあります。

GAFAなど大型銘柄の比率が高い株価指数なので、個別株への分散投資にもなります。

① SPDR S&P500ETF(×1倍)

SPDR S&P500ETF

レバレッジ型ではないので、S&P500株価指数と同率で値動きします。

② Direxion S&P500ブル3倍(×3倍)

Direxion Daily S&P500 BULL 3 ETF

3倍のレバレッジ型ETFなので、S&P500株価指数と同率で値動きします。

③ Direxion S&P500ベア3倍(×3倍)

Direxion Daily S&P500 BEAR 3 ETF

3倍のレバレッジ型ベアETFなので、S&P500株価指数と反対方向に3倍で値動きします。

④ インベスコQQQ(×1倍)

インベスコ QQQトラスト・シリーズ

レバレッジ型ではないので、NASDAQ株価指数と同率で値動きします。

NASDAQはアップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックなど大型のIT系企業で構成されています。

これらの個別株は株価が高いため、代わりにQQQを買って代替することもできます。

 

この記事では、PayPay証券の日米株アプリで購入できる株価指数ETFを紹介しました。当記事では次の3つに投資しています。

  • 日経平均レバレッジETF(×2倍)
  • Direxion S&P500ブル3倍(×3倍)
  • インベスコQQQ(×1倍)
これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFDならびに株価指数CFD。商品CFDも豊富。

◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。軽く投資を始めたい人に。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。手数料が定額制で売買頻度が多い人に。
SBIネオモバイル証券 口座開設
◆PayPay証券(旧One Tap BUY)
1,000円から端数株(0.01株など1株未満)を購入できる。日本、米国の優良企業が揃う。
One Tap BUY
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
高レバレッジCFDのくりっく株365。配当もある日経225やイギリスFTSEに。
くりっく株365
◆SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISA、iDeCoにも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]