3分でわかる投資

3分でわかるLINE証券の1株スマホ投資。リアルタイム取引はLINE証券だけ

3分でわかるLINE証券のいちかぶ

3分でわかるLINE証券の1株投資。

LINE証券はスマホのLINEアプリ上で日本株を1株から売買できる投資サービスです。

20歳以上の国内在住者であれば口座を開設できます。

LINE証券のいちかぶLINE証券のいちかぶ

注文と同時に約定するリアルタイム取引であり、SBIネオモバイル証券など注文と約定で時間乖離のある他の1株投資サービスとは一線を画します。

口座は特定口座(源泉徴収あり)と特定口座(源泉徴収なし)があり、源泉徴収ありを選んでおけば確定申告も必要ありません。
LINE証券口座開設

LINE証券の特徴・メリット

LINE証券の特徴・メリット
  1. 日本株を1株から売買できる。
  2. リアルタイム取引。
  3. 取引手数料が安い。(スプレッド制)

① 1株から売買できる。銘柄も多い

LINE証券では3種の取引方法があり「いちかぶ(単元未満株)」で日本株を1株から取引できます。

取引方法 詳細
いちかぶ(単元未満株) 1株単位で取引
現物取引 単元数(100株)単位で取引
信用取引 約3倍のレバレッジで取引

現物取引や信用取引をわざわざLINE証券でするメリットは少ないので、LINE証券ではいちかぶ取引をするのが良いです。

いちかぶで取引できるのは日本企業の約1,000銘柄と国内ETF15銘柄です。

ETFはNYダウなど海外株価指数に連動するものもあります。

② リアルタイム取引

1株(単元未満株)で取引できるサービスは、SBIネオモバイル証券など他証券にもありますが、リアルタイム取引なのはLINE証券だけです。

1株取引はどの証券会社でも成行注文(その時の価格で約定)だけで、売買価格を指定する指値注文は使えません。

しかし他の証券では、成行注文でも注文した時間帯で約定するタイミングが限定されます。

例えば、午前中の注文は午後の終値で約定する、午後の注文は翌日の始値で約定するという形です。

買いたい値段で買えず、売りたい値段で売れないということが起こります。

LINE証券はリアルタイム取引

③ 取引手数料が安い。(スプレッド制)

LINE証券の取引手数料は無料で、買い価格と売り価格に差があるスプレッド制です。

銘柄ごとにAからDまでの4つのグループに分けられており、グループごとに取引できる時間帯とスプレッドが異なります。

スプレッドは業界最安値を謳うLINE証券なので、あまり気にして取引する必要はないですが、買いたい銘柄のグループは知っておいてもいいと思います。

▼グループA

取引時間帯 スプレッド
9:00~11:20
12:30~14:50
0.2%
11:30~12:20 前場終値の1%
17:00~21:00 翌日基準値段の1%
※ETFは取引対象外

▼グループB

取引時間帯 スプレッド
9:00~11:20
12:30~14:50
0.3%

▼グループC

取引時間帯 スプレッド
9:00~11:20
12:30~14:50
0.4%

▼グループD

取引時間帯 スプレッド
9:00~11:20
12:30~14:50
0.5%

各グループの対象銘柄はこちらから確認してください。

株の取引方法(LINE証券)

LINE証券の入金方法、出金方法、いちかぶの買い方、売り方を説明します。

入金方法・出金方法

LINE証券入金方法は3つあります。

  1. クイック入金
  2. 銀行振り込み
  3. LINE Pay入金

クイック入金がおすすめですが、LINE Payを日常的に利用していればそちらでも良いです。LINE Payであれば出金時の手数料が無料のためです。

LINE証券の入出金方法LINE証券の入出金方法

① クイック入金

ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行などのネットバンキングから即時入金します。

入金はアプリに即時反映され、手数料は無料です。

② 銀行振込

店頭やATMから口座開設者専用の入金専用口座へ振り込みます。

プリへの反映はLINE証券で着金確認後なので、銀行営業時間であれば数分ですが、営業時間外であれば時間がかかります。

振込手数料は本人負担です。

③ LINE Pay入金

LINE Pay残高からの入金や、LINE Payに連携している銀行口座からチャージして入金します。

アプリへの反映は即時で、手数料も無料です。LINE Payの利用者登録が必要です。

LINE証券の出金方法は2つあります。

  1. 出金口座への振込
  2. LINE Payへの出金

LINE Payを利用していればそちらがおすすめです。

① 出金口座への振り込み

口座開設者が指定した銀行口座へ出金します。出金手数料は220円です。

② LINE Payへの出金

LINE Payへ出金します。出金手数料は無料ですが、LINE Payの利用登録が必要です。

株の買い方・売り方

LINE証券の株投資はLINEアプリ上から全ての取引を行えるため、別アプリをインストールする必要がありません。

いちかぶ(単元未満株)で1株から売買できる銘柄は、取引画面で「いちかぶ」の表記があります。

① 買い方

いちかぶ対象の銘柄には表記があります。選択すると「100株単位で購入する」と「1株から購入する」があるので、「1株から購入する」を選択します。

LINE証券の1株の買い方いちかぶ 買い方

なお、100株単位の購入は現物取引です。

② 売り方

ポートフォリオから売りたい銘柄を選択し、何株売るかを入力します。1株から売ることができます。

いちかぶ 売り方いちかぶ 売り方

LINE証券のいちかぶは「1株から買える」「リアルタイムで買える」というメリットがあります。そしてLINEアプリ上で株を買える簡単さと気軽さがあります。

これからの投資スタイルに適していると思いますので、投資の入り口としてみてください。

これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFDならびに株価指数CFD。商品CFDも豊富。

◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。軽く投資を始めたい人に。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。手数料が定額制で売買頻度が多い人に。
SBIネオモバイル証券 口座開設
◆PayPay証券(旧One Tap BUY)
1,000円から端数株(0.01株など1株未満)を購入できる。日本、米国の優良企業が揃う。
One Tap BUY
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
高レバレッジCFDのくりっく株365。配当もある日経225やイギリスFTSEに。
くりっく株365
◆SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISA、iDeCoにも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]