NISA・iDeCo

NISA、つみたてNISAは2023年1月1日から18歳以上が対象となる

つみたてNISA_18歳以上から可能

2022年4月1日の民法の改正で、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。

これによって、2022年現在は20歳以上が条件であるNISA、つみたてNISAの年齢も、18歳へと引き下げられます。

日本証券業界協会がまとめているQ&Aによると、2023年1月1日から口座開設の可能な年齢が18歳以上となるとのことです。

ただし、注意したい点がひとつあります。

これは今も同じですが、口座開設時点の年齢ではなく、口座開設する年の1月1日時点の年齢が条件となることです。

つみたてNISAの年齢(18歳以上)つみたてNISAの年齢(18歳以上)

金融庁のHPには、利用できる方の項目に以下の記載があります。

日本にお住まいの20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)

2023年以降は20歳の記載が18歳と変わります。

2022年以降、口座開設できる年齢(生まれ年)を下表となります。

口座を開設する年 年齢 生まれ
2022年 20歳以上 2002年1月1日 以前
2023年 18歳以上 2005年1月1日 以前
2024年 18歳以上 2006年1月1日 以前

2023年からは18歳以上であれば高校生、専門学生、大学生などの学生でもNISA口座を開設できます。

LINE証券でもつみたてNISAの口座開設が可能になりました。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」など、当ブログのおすすめ銘柄も選択できます。

スマホのLINEアプリだけで簡単に始められるので、将来に向けた資産形成の初めの一歩として、つみたてNISAはできるだけ早めに始めるのがおすすめです。

こちらの「3分で分かるつみたてNISA」の記事もご覧ください。

3分でわかるつみたてNISA
3分でわかるつみたてNISA。どこで口座開設するかで選べる金融商品が異なる3分でわかるつみたてNISA。 つみたてNISA制度の仕組みと注意点 口座開設先と投資商品(銘柄)の選び方 ※20...
おすすめの口座

当ブログでも使っている口座です。

【マイメイト】
AIのFX自動売買。人間を超えるAIの裁量トレードを実現。

マイメイト
PayPay証券
1,000円から日本株、米国株を取引できる。米国株の積立も可能。
PayPay証券
【GMOクリック証券】
CFD取引に必須。米国株CFD、株価指数CFD、商品CFD。

【LINE証券】
日本株を1株から買うことができ、LINEアプリで簡単に売買。
LINE証券口座開設
【アイネット証券】
FXの自動売買「ループイフダン」で放ったらかし投資。
アイネットFX
ひまわり証券
高レバレッジのくりっく株365。
くりっく株365
SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISAやiDeCoも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]