投資全般

くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFD(非取引所CFD)の違いを比較。初心者はくりっく株365を選ぼう。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
CFDを始めるならくりっく株365がお勧め

この記事では「くりっく株365」と「店頭CFD」の違いや特徴、投資にお勧めの銘柄などについて説明します。

くりっく株365は、東京金融取引所に上場している株価指数証拠金取引の愛称です。

株価指数という名前の通り、株価指数が対象の取引所取引のCFDです。

店頭CFDは株価指数以外にも原油など様々な銘柄が対象になる相対(あいたい)取引のCFDです。

取引所取引、相対取引については、後ほど説明します。

結論から言うと、初心者はくりっく株365の銘柄に投資するのが良いと考えます。

店頭CFDは銘柄は多いですが、為替の影響を受けたり、レバレッジがくりっく株365にくらべて小さかったりと、初心者が始めるのには向きません。

くりっく株365の株価指数CFDに絞り、インカムゲイン(配当益)とキャピタルゲイン(売却益)のバランスを見ながら長期に渡って運用するのが良いと考えます。

ところで、CFDって何?という方は、以下の記事に纏めていますのでご覧ください。

あわせて読みたい
【投資の基礎知識】先物とCFDの違い。初心者でも絶対に分かるように日経225先物と日経225CFDを比較。どちらを選ぶべきなのか。 (2019/03/29 追記) 記事の最後にCFDを1万円から取引できるワンタップバイ10倍CFDについての記事を追加しました。 ...

くりっく株365CFDと店頭CFD

最初にも記載した通り、くりっく株365は取引の愛称です。

くりっく株365は取引所取引であり、店頭CFDは相対取引になります。

まずここでは、取引所取引と店頭CFDの仕組みを理解しましょう。

・・・といいつつ、当記事ではくりっく株365をお勧めしている訳で、別に取引の仕組みまで理解する必要もないので読み飛ばして構いません

取引所取引(くりっく株365)

くりっく株365の取引所取引は、取引所に注文を集め、そこで売りと買いをマッチングさせる方式です。

次の図を見てみましょう。

くりっく株365(取引所取引)の仕組み

くりっく株365の取引所取引は、マーケットメイク方式です。

取引所が複数の金融機関(マーケットメイカー)が提示する価格から、最も投資家の利益になる価格を設定します。

マーケットメーカーがそれぞれ提示する価格から、スプレッドが最も小さくなる組み合わせがくりっく株365で取引所において自動的に売買価格になります。

例えばA社、B社が次のように価格を提示する場合、くりっく株365は最も投資家が有利になる組み合わせとなります。

マーケットメイカー A社 B社 くりっく株365
買い 20,100円 20,108円 20,100円
売り 20,105円 20,103円 20,103円
スプレッド 5円 5円 3円

実際には図の真ん中に示した証券会社との取引になりますが、どの証券会社でもレートは取引所が提示する同一レートとなるため、透明性の高い取引になります。

相対取引(店頭CFD)

店頭CFDの相対取引は、売手と買手が相手を特定して一対一で取引する方式です。

こちらも図で見れば簡単です。

店頭CFD(相対取引)の仕組み

先ほどの取引所取引と違い、こちらは一対一で取引をしますので、価格は各業者によって異なります。

仮想通貨の取引を行ったことがある人は、分かりやすいかもしれません。

業者によって価格が異なりますよね。

業者ごとに価格が異なった時に、我々が有利な価格で約定させるという「アービトラージ(裁定取引)」という手法もあります。

ですが、上級者向きですし、面倒な手法なのでこの記事では触れません。

くりっく株365CFDと店頭CFDの違いと特徴

ではさっそく、くりっく株365のCFDと店頭CFDの違いと特徴を紹介します。

まずは、くりっく株365のCFDと店頭取引のCFDについて、違いと特徴を一覧に示します。

そのあとで、それぞれについて詳しく説明していきます。

比較ポイント くりっく株365 店頭CFD
取り扱い銘柄 少ない 多い
取引価格 マーケットメイク方式 相対取引
為替の影響 無し 有り
レバレッジ 20~50倍(変動) 10倍(株価指数CFDの場合)
金利相当額 受取=支払 受取<支払(一般的に)
投資家保護 あり なし

大きな違いは上記に上げた通りです。

最初にも記載したように、お勧めはくりっく株365です。

各比較ポイントについて説明する前に、くりっく株365のメリットを纏めます。

  • 為替の影響がないため、純粋な価格の上下のみにフォーカスできる。
  • レバレッジが高いため、資金効率の良い運用ができる。
  • 受取金利=支払金利のため、積み立て投資に向いている。
  • 投資家保護がある。

これらが「くりっく株365」をお勧めする理由ですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

取り扱い銘柄

残念ながら、くりっく365の取り扱いCFD銘柄は少ないです。

株価指数CFDだけですし、世界的に代表的な4つの指数に限定されます。

しかし、それで十分です。

原油や金のCFDを取引したいのなら別ですが、株価指数CFDを取引したいのであれば、何も問題ありません。

くりっく株365の取り扱い銘柄は次の4つ。

くりっく株365の株価指数CFD 説明
日経225 日本の日経平均に連動する株価指数
NYダウ アメリカのNYダウに連動する株価指数
FTSE100 イギリスのFTSE100に連動する株価指数
DAX ドイツのDAXに連動する株価指数

いずれも世界的に代表的な株価指数です。

株価指数CFDに投資したいのなら、この4つで十分です。

その中でも、お勧めはイギリスのFTSE100です。配当率も高いため、積み立てでコツコツと投資していくと良いと思います。

下の図で2018年度のくりっく株365の実績を見ると、FTSE100が最も効率が良いことが分かります。

なお、上記の表も含め、くりっく株365で投資できる4つの銘柄の比較については、次の記事で詳しく纏めています。是非、一読ください。

マイナス金利政策が続く日本の日経平均も配当狙いでは良いですね。例えば3%値下がりしたら1枚買う、など、コツコツ積み立てると良いと思います。

あわせて読みたい
ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

次に店頭CFDですが、こちらは株価指数CFD以外にも多数のCFDがあります。

原油、金、大豆・・・などなど。

GMOクリック証券の取り扱い銘柄を例にとると、こんなにもあります。

引用:ネットで資産運用!?お金を増やすノウハウ集

原油や金を扱いたいならこちらを選択するしかないですが、初心者は冒険せずに株価指数CFDに絞った方が良いでしょう。

  • CFDの銘柄の多さでは店頭CFDに分がある。
  • くりっく株365は世界の株価指数4種だけだが、それで十分。

取引価格

先ほど「取引所取引(くりっく株365)」と「相対取引(店頭CFD)」の仕組みで説明したように、くりっく株365の取引価格はどこの証券会社を利用しても同一で透明性があります。

あ・・・読み飛ばしてしまった方、すいません。

簡単にいうと次の通りです。

  • くりっく株365・・・複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格を提供する仕組み
  • 店頭CFD・・・CFD取扱会社(証券会社など)により提示された価格での取引

正直な話、取引価格についてはどちらにメリットがあるとかの話はあまりありません。

くりっく株365の方が取引所を介するため透明性はありますが、SBI証券や岡三証券など、まともな証券会社で取引するなら店頭CFDが不利ということもありません。

  • 取引価格に大きな優劣はない。

為替の影響

FTSE100など、海外の株価指数CFDを取引する場合、為替の影響があります。

しかし、くりっく株365は日本円で取引するため、為替の影響を受けないというメリットがあります。

  • くりっく株365・・・為替の影響を受けない。
  • 店頭CFD・・・為替の影響を受ける。

円高局面であれば、店頭CFDの方にメリットがあり、円安局面であればくりっく株365の方にメリットがあると言えます。

しかし株価の変動だけでなく為替の変動にまで気を配らなければならないというのは、投資初心者には難しいです。

というか、投資初心者でなくても面倒です。

くりっく株365は、純粋に株価指数の動きにだけ集中できるので、店頭CFDと違い為替の動きを気にする必要がないというメリットがあります。

  • 為替に影響されないくりっく株365が有利。

レバレッジ

レバレッジは、てこの原理を意味します。

入金した投資金額を証拠金として、それ以上の金額で株価指数CFDを取引することができるため、大きければ大きいほど資金効率は良くなります。

・・・もちろん、その分、リスクも上がりますけど。

くりっく株365は店頭CFDよりもレバレッジが大きいメリットがあります。

店頭取引では、株価指数CFDのレバレッジは10倍です。

それに比べ、くりっく株365のレバレッジは状況に応じて変動しますが、おおよそ20~50倍です。

レバレッジによって証拠金(入金額)よりも多いポジションを保持できると、その分だけ配当(インカムゲイン)も増えるわけですから、このメリットは大きいです。

もちろん配当だけでなく、CFDが値上がりした時の売却益(キャピタルゲイン)も大きくなります。

ただし、ポジションを多く持てるということは、それだけ損失も大きくなるということですので注意しましょう。

高いレバレッジを活かして、長期に渡ってコツコツと買い増していく方式が向いています。

  • レバレッジは「くりっく株365 > 店頭CFD」
  • くりっく株365の方が資金効率が良い。

金利相当額

金利には「CFDの買い手が受け取るもの」と「CFDの売り手(空売り)が支払うもの」とがあります。

くりっく株365と店頭CFDでは、この金利も異なります。

最初の一覧でも示しましたが・・・。

  • くりっく株365・・・売り方が受取る金利相当額と買い方が支払う金利相当額は同額。
  • 店頭CFD・・・受け取る金利相当額は少なく、支払う金利相当額は多い

ただし、常に店頭CFDが不利になるわけではないので、金利についてもそれほど違いを気にする必要はないかと思います、

なお、CFDを取引する場合の配当金と金利調整額については、こちらの記事で詳しく説明していますので、CFDを選ぶ際の参考にしてください。

あわせて読みたい
ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

店頭CFDとの違いを気にするより、選ぶ銘柄ごとの配当金と金利相当額の違いを気にする方が圧倒的に大切ですからね。

買値と売値の金額が同じと仮定すると、持っているだけでマイナスになる株価指数もありますから・・・。

投資家保護

これも、ギャンブルをしない限りは、そんなに気にすることはありませんが、くりっく株365には投資家を保護する仕組みがあります。

店頭CFDにはありません。

  • くりっく株365・・・日本投資者保護基金の対象となる。補償金額は一般顧客一人につき
    1,000万円を上限とする。
  • 店頭CFD・・・そんなものはない。

くりっく株365と店頭CFDとの大きな違いとして紹介はしましたが、コツコツと堅実に投資をしていればお世話になることはないと思います。

そんなに気にする必要はないでしょう。

まとめ(くりっく株365がお勧めの理由)

くりっく株365と店頭CFDを比較して、くりっく株365がお勧めの理由を総括します。

ポイント くりっく株365の利点
為替の影響 無し
レバレッジ 20~50倍(変動)

くりっく株365にお勧めの証券会社

最後に、くりっく株365にお勧めの証券会社を紹介しておきます。

まずは手数料が安いネット証券を選びましょう。

メジャーどころなら、好きなところで良いと思います。

株やFXで既に口座を開いているなら、そこを使えば良いでしょう。

岡三証券、GMOクリック証券、SBI証券などから選べばよいと思います。

関連記事:先物とCFDの違い。

あわせて読みたい
【投資の基礎知識】先物とCFDの違い。初心者でも絶対に分かるように日経225先物と日経225CFDを比較。どちらを選ぶべきなのか。 (2019/03/29 追記) 記事の最後にCFDを1万円から取引できるワンタップバイ10倍CFDについての記事を追加しました。 ...

関連記事:CFDの調整額とは

あわせて読みたい
CFDの調整額とは。発生タイミングと発生ポジションを理解する。価格調整額、権利調整額(配当)、金利調整額の3つ。 先物よりも投資しやすい株価指数の取引としてCFDが人気です。 当ブログでもCFDについては度々取り上げています。 htt...

関連記事:株価指数CFD。配当金と金利。

あわせて読みたい
ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

関連記事:CFDと先物。決済期限のないCFDを選ぶ。

あわせて読みたい
【投資の始め方】CFDと先物なら決済期限のないCFDで中長期運用を前提に考えたい。有効なのは積立と自動売買だけど、自動売買には資金余力が必要。 当たり前ですが、先物とCFD、どちらがいいかは、その人の運用スタイルや実力にも依ります。ですが、私はCFDを選びたいと思います。 ...

関連記事:1万円からCFDを。ワンタップバイ。

あわせて読みたい
日経225CFDを1万円の超少額から取引可能。One Tap Buy 10倍CFDの使い方とメリット・デメリットを徹底解説。ワンタップバイの新サービス。 スマホ証券のワンタップバイから、わずか1万円から日経225CFDを取引できるアプリ「ワンタップバイ10倍CFD」がリリースされました...
投資サービス・ツール