先物・オプション

取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの違いを比較。レバレッジと為替影響の有無。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
くりっく株365のCFDは取引所CFD

この記事では、これからCFDを始めたい人に向けて取引所CFD(くりっく株365)」と「店頭CFDの違いと特徴を説明します。

取引所CFDは、証券取引所を介するCFD取引です。「くりっく株365」は東京金融取引所に上場している株価指数証拠金取引の愛称であり、日経平均、NYダウなどの株価指数CFDを取引できます。

店頭CFDは、取引所CFD以外のCFDであり、日経平均、NYダウなどの株価指数CFDだけでなく、金CFD、原油CFDなどの商品指数CFDも取引できます。

くりっく株365は株価指数の取引所CFD、店頭CFDは証券会社がそれぞれでやっている株価指数や商品指数のCFDと考えてください。

「そもそもCFDとは?」という方は、こちらの記事で詳しく説明していますのでこちらもご覧ください。

先物とCFDの違い。初心者でも絶対に分かるように日経225先物と日経225CFDを比較。どちらを選ぶべきなのか。個別株の次に先物やCFDなどの株価指数(インデックス)に興味を持つ人は多いです。その中でも馴染みがあるのが「日経225先物」「日経225...
フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

取引所CFD(くりっく株365)、店頭CFDについて

取引所CFDは、証券取引所を介するCFD取引です。くりっく株365のCFDは取引所CFDになります。くりっく株365は取引所CFDの愛称です。

店頭CFDは、証券取引所を介せずに直接証券会社で取引する方法で「相対(あいたい)取引」と呼ばれます。

CFDの種類 説明
取引所CFD(取引所取引)
※くりっく株365は取引所CFD
証券取引所に証券会社の注文を集約させて取引する方法。
店頭CFD(店頭取引) 証券取引所を介さず、証券会社が直接売買相手となり取引をする方法。

文章だけだと分かりづらいので、図を交えながら説明します。

取引所CFD(くりっく株365)

取引所CFD(くりっく株365)の取引所取引は、各投資家の注文を証券取引所に集め、そこで売り買いをマッチングさせる方式です。完全マーケットメイク方式と呼ばれます。

次の図を見てください。

くりっく株365(取引所取引)の仕組み

2人の注文を証券会社が集め、証券取引所で取引します。

くりっく株365の取引所取引は、マーケットメイク方式です。取引所が複数の金融機関(マーケットメイカー)が提示する価格から、最も投資家の利益になる価格を設定します。

マーケットメーカーがそれぞれ提示する価格から、スプレッドが最も小さくなる組み合わせがくりっく株365で取引所において自動的に売買価格になります。

例えばA社、B社が次のように価格を提示する場合、くりっく株365は最も投資家が有利になる組み合わせとなります。良いとこ取りするわけですね。

マーケットメイカー A社 B社 くりっく株365
買い 20,100円 20,108円 20,100円
売り 20,105円 20,103円 20,103円
スプレッド 5円 5円 3円

どの証券会社でもレートは取引所が提示する同一レートとなるため、透明性の高い取引になります。

店頭CFD(各証券会社でやっているCFD)

店頭CFDは、売手と買手が相手を特定して一対一で取引する方式です。「相対(あいたい)取引」と呼ばれます。

こちらも図で見れば簡単です。

店頭CFD(相対取引)の仕組み

相対取引は取引所を介さず、相対するFX業者(証券会社)との取引となるので、手数料やスプレッドなどは相対する業者によって異なります。

FX(外国為替取引)をする場合、手数料やスプレッドで事業者を比較して選ぶと思います。CFDもFXの一種なので、店頭CFDを始める時はどの業者で始めるかを選定することも重要になります。

取引所CFD(くりっく株365)、店頭CFDの違いと特徴

取引所CFDと店頭CFDの仕組みの違いが分かったところで、投資をする場合に考慮すべき違いと特徴を紹介します。

くりっく株365の取引所CFDと店頭取引のCFDについて、大きな違いと特徴を表に示します。それぞれの詳細は後ほど説明していきます。

比較ポイント 店頭CFD(くりっく株365) 店頭CFD
取り扱い銘柄 少ない 多い
取引価格 マーケットメイク方式 相対取引
為替の影響 無し 有り
レバレッジ 20~50倍(変動)
株価指数の場合は33倍程度
10倍
(株価指数CFDの場合)
金利相当額 受取=支払 受取<支払
投資家保護 あり なし
空売り 可能 可能
配当 有り 有り

特にポイントとなるのは「レバレッジ」と「為替影響」です。

取り扱い銘柄の数も重要ですが、この記事では株価指数CFDをメインに書いているので、あまり気にしなくても良いと思います。

取り扱い銘柄

取引所CFD(くりっく株365)が扱っている株価指数CFDは次の4つのみです。

取引所CFD(くりっく株365) 説明
日経225 日本の日経平均に連動する株価指数
NYダウ アメリカのNYダウに連動する株価指数
FTSE100 イギリスのFTSE100に連動する株価指数
DAX ドイツのDAXに連動する株価指数

くりっく株365を取り扱っている証券会社はいくつかありますが、どこも銘柄に違いはありません。SBI証券フジトミなどで取り扱いがあります。

店頭CFDは株価指数CFD以外にも金(GOLD)や原油など商品のCFDもあります。また、株価指数もS&P500やNASDAQなど世界中の株価指数(インデックス)のCFDがあります。

店頭CFD(GMOクリック証券の一部) 説明
日経225 日本の日経平均に連動する株価指数
NYダウ アメリカのNYダウに連動する株価指数
S&P500 アメリカのS&P50に連動する株価指数
金(GOLD) 陰(GOLD)に連動する商品指数
原油(OIL) 原油に連動する商品指数

扱っているCFDの種類は各証券会社で違いますが、GMOクリック証券が最も充実しています。金(GOLD)、原油、大豆などほとんどのCFDを取引できます。また、米国の個別株式(たとえばAPPLEなど)のCFDもあります。

後述しますが、CFDはレバレッジを効かせられますので、少ない資金で個別株に投資したい場合にCFDは有効です。

為替の影響

NYダウやFTSE100など、海外の株価指数CFDを取引する場合、為替の影響が考えられます。円安ドル高の方が高コストで、円高ドル安の時は低コストです。

また、CFDを決済する時(換金する時)の為替影響も受けます。円安ドル高の時に売った方が利益が大きく、円高ドル安の時に売ると利益が小さくなります。

比較ポイント 店頭CFD(くりっく株365) 店頭CFD
為替の影響 無し 有り

くりっく株365の取引所CFDは日本円で取引するため、為替の影響を受けないというメリットがあります。ドル円のレートを気にせずに売買することができます。

一方で、店頭CFDは為替レートの影響を受けます。為替影響はメリットもデメリットもありますが、初心者の場合は為替の変動にまで気を配るのは大変だと思います。

そういう意味で、くりっく株365にはメリットがあります。

円安ドル高、円高ドル安については中学校で勉強したと思いますが、忘れてしまった方は思い出してください。外国株へ投資する時には重要なファクターです。

レバレッジ

くりっく株365の取引所CFDも、店頭CFDもレバレッジがありますが、くりっく株365の方が大きいです。くりっく株365の方は32~33倍に対し、店頭CFDは10倍です。

比較ポイント 店頭CFD(くりっく株365) 店頭CFD
レバレッジ 20~50倍(変動)
株価指数の場合は33倍程度
10倍
(株価指数CFDの場合)

レバレッジによって少ない証拠金でも大きなポジションを持てます。レバレッジを効かせて保持したポジションにも配当(インカムゲイン)は適用されるため、資金効率、投資効率が高くなります。

それに比べ、くりっく株365のレバレッジは状況に応じて変動しますが、おおよそ20~50倍です。

ただし、ポジションを多く持てるということは、それだけ損失も大きくなるということですので注意しましょう。

金利相当額

金利には「CFDの買い手が受け取るもの」と「CFDの売り手(空売り)が支払うもの」とがあります。取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDでは、この金利も異なります。

比較ポイント 店頭CFD(くりっく株365) 店頭CFD
金利相当額 受取=支払 受取<支払
詳細
取引所CFD(くりっく株365) 売り方が受取る金利相当額と買い方が支払う金利相当額は同額。
店頭CFD 受け取る金利相当額は少なく、支払う金利相当額は多い。

ただし、常に店頭CFDが不利になるわけではないので、金利についてはそれほど違いを気にする必要はないかと思います。CFDを取引する場合の配当金と金利調整額については、こちらの記事で詳しく説明していますので、CFDを選ぶ際の参考にしてください。

ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

金利については、取引所CFDと店頭CFDとの違いを気にするよりも、選ぶ銘柄ごとの配当金と金利相当額の違いを気にする方が圧倒的に大切です。

買値と売値の金額が同じと仮定すると、持っているだけでマイナスになる株価指数もあります。銘柄の選び方が重要ということです。

投資家保護

ギャンブルをしない限りはに気にすることはありませんが、くりっく株365には投資家を保護する仕組みがあります。店頭CFDにはありません。

比較ポイント 店頭CFD(くりっく株365) 店頭CFD
投資家保護 あり なし
詳細
取引所CFD(くりっく株365) 日本投資者保護基金の対象となる。補償金額は一般顧客一人につき
1,000万円を上限とする。
店頭CFD 投資家保護はない。

あまり気にする必要はありませんが、投資家保護をメリットに上げている証券会社もありますので説明しておきました。

取引所CFD(くりっく株365)、店頭CFDにお勧めの証券会社

取引所CFD(くりっく株365)店頭CFDにお勧めの証券会社を紹介します。

くりっく株365であれば、証券会社による違いはないので、大手ネット証券から選べば良いと思います。SBI証券フジトミなどで取り扱っています。
フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラムSBI証券[旧イー・トレード証券]
店頭CFDであれば、取り扱い銘柄数が多く手数料も安いGMOクリック証券がお勧めです。株価指数(インデックス)だけでなく、金(GOLD)や原油などの商品指標CFDや米国個別株CFDなども取り扱っています。

また、スプレッドを固定にしているDMM CFDもお勧めです。価格の変動が大きいとスプレッドが広がるため、売買時の利益が小さくなりますが、DMMは常にスプレッドを固定しています。
【DMM CFD】入金
この2つで口座を持っておくと、投資の幅が広がりますのでお勧めです。

関連記事:先物とCFDの違い。

先物とCFDの違い。初心者でも絶対に分かるように日経225先物と日経225CFDを比較。どちらを選ぶべきなのか。個別株の次に先物やCFDなどの株価指数(インデックス)に興味を持つ人は多いです。その中でも馴染みがあるのが「日経225先物」「日経225...

関連記事:CFDの調整額とは

株価指数CFDの調整額を解説。価格調整額、権利調整額(配当)、金利調整額CFDはレバレッジによる資金効率の良さや、先物と違って決済期限が無いことで人気の投資方法です。 株価指数CFDだけではなく、個別株...

関連記事:株価指数CFD。配当金と金利。

ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

関連記事:CFDと先物。決済期限のないCFDを選ぶ。

【投資の始め方】CFDと先物なら決済期限のないCFDで中長期運用を前提に考えたい。有効なのは積立と自動売買だけど、自動売買には資金余力が必要。 当たり前ですが、先物とCFD、どちらがいいかは、その人の運用スタイルや実力にも依ります。ですが、私はCFDを選びたいと思います。 ...

関連記事:1万円からCFDを。ワンタップバイ。

https://kosuzumeinvestor.net/2019/03/29/nikkei225-future-cfd-trade-one-tap-buy/

これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFD。ゴールドや原油など商品CFDも豊富。

◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。軽く投資を始めたい人。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。手数料が定額制で売買頻度が多い人に。
SBIネオモバイル証券 口座開設
◆One Tap BUY証券
1,000円から端数株(0.01株など1株未満)を購入できる。日本、米国の優良企業が揃う。
One Tap BUY
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
高レバレッジCFD(くりっく株365)の取り扱いあり。日経225やNYダウに。
くりっく株365
◆SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISA、iDeCoにも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]