先物・オプション

ETF投資のメリット・活用法。現物、先物、CFDと比較して解説。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
分散、少額がETFのメリット。ネット証券はETF手数料0円の時代へ

ETFとは、証券取引所に上場し、株価指数、商品指数、債券指数などの代表される指標へ連動する投資信託です。

例えばGMOクリック証券では以下のような銘柄の取り扱いがあります。

ETF 連動する指数
TOPIX連動型上場投資信託 東証株価指数(TOPIX)
上場インデックスファンド米国債券 S&P 米国債7-10年指数(TTM、円建て)
金価格連動型上場投資信託 1グラム当りの円表示の金価格

この記事では、主に以下について考察をまとめます。

  1. ETFのメリット・デメリット
  2. ETFと株式(現物・信用)、先物、CFDとの違い
  3. 人気のETF銘柄

ETFは証券取引所に上場しているため、株式と同じように取引ができます。また、投資信託なので分配金の支払いもあります。

投資には「株式(現物・信用)」「先物・オプション」「CFD」「投資信託」「ETF」などの手段があります。ETFは、株式と投資信託を合わせたような金融商品です。

① ETFのメリット・デメリット

ETF(Exchange Traded Fund)とは、証券取引所に上場している投資信託の略称です。

日経平均株価やTOPIXなどの株価指数、金や原油など商品指数、米国債などの債権指数にに連動するように投信会社によって運用されています。

非上場の投資信託とあまり違いはありませんが、取引所に上場しているため、株式と同じように市場で指値・成行注文で取引することができます。

また、販売会社へ支払うコストがないことなどから、ETFは一般的な投資信託に比べて信託報酬率が低くなります。

ETF、投資信託、株式を横並びで比較すると、次のとおりです。

ETF 投資信託 株式
上場/非上場 上場 非上場 上場
取得可能な時間 取引所の取引時間中 申込期間中の9時~15時 取引所の取引時間中
購入方法と価格 市場で指値/成行 販売会社を通じた基準価額(1日単位) 市場で指値/成行
最低購入 1万円程度 1万円程度 10万円程度
信用取引 可能 不可能 可能
信託報酬率 安い 高い

ETFは信用取引なので、レバレッジにより自己資金よりも多くの額を取引できます。GMOクリック証券では約3倍の額を取引でき、また空売りも可能です。

ETFは、投資信託、株式と比べて次のようなメリットがあります。

ETFのメリット 説明
分散投資が簡単にできる 株式だけでなく、商品や債券など組み入れることでリスク分散できる。指標やテーマごとに組成されたETFもある。
値動きが分かりやすい 株価指数などのインデックスに連動するため、個別株式に比べて値動きが分かりやすい。
いつでも売買できる 投資信託と比べ、市場が空いている時間はいつでも売買できる。指値・成行も可能。
費用が安い 信託法主率が低く、ネット証券の手数料は0円の時代へ。
資金効率が良い。 信用取引で自己資金よりも大きな額を取引できる。空売りもできる。

これらはいずれも「手軽に投資を始められる」ために必要な条件です。ETFは最も効果的な投資とされる「分散・長期・積み立て」を実践するのに適した金融商品と言えます。

先物と違って決済期日もなく信託報酬も低いため、積み立て投資にも向いています。つみたてNISAで選択できるETFもいくつかあります。

デメリット(リスク)としては以下が上げられます。ただし、これらは投資するETFを正しく選択すること、積み立てなど投資方法を工夫することで低減しますので、あまり不安になる必要はありません。

ETFのデメリット(リスク) 説明
価格変動リスク ETFに組み入れられた特定の有価証券の価格が大きく変動した場合、ETFの価格も大きく変動する場合がある。
流動性リスク 流動性が低いETFの場合、売買が成立しない場合、意図した金額と乖離して売買される可能性がある。

価格変動リスクは特定の有価証券の変動に大きな影響を受けないETFを、流動性リスクは流動性の高いETF(人気のETF)を選択することで大きくリスク低減されます。

あまり気にする必要はないですが、上記のようなリスクもあることは覚えておくとよいと思います。

② ETF・先物・CFDの違い

日経平均株価指数に連動するETF、先物、CFDを横並びで比較します。同じ指数を基準にするこれらを比較することで、それぞれの特徴がより理解できると思います。

① 日経ETF、日経先物ミニ、日経CFDの比較

ここではGMOクリック証券の場合を例として比較します。

投資方法 それぞれの比較銘柄
ETF 日経225連動型上場投資信託(日経ETF)
先物 日経先物mini(日経先物ミニ)
CFD 日経平均株価CFD(日経CFD)
※くりっく株365ではなく、店頭CFDで比較

銘柄名が長いので、それぞれカッコで記載した呼び名で記載します。これら3つは、いずれも「日経平均株価指数」に基づく金融派生商品です。

比較項目 日経ETF 日経先物ミニ 日経CFD
決済期限 無し(現物/一般信用)
6カ月(制度信用)
有り 無し
取引単位 1口 100口 10口
必要証拠金
(1ポジション)
約22,000円(現物)
約6,600円(信用)
約69,000円 約22,000円
値幅 1口単位 5円単位 1円単位
手数料 95円/1枚 40円/1枚 0円
※スプレッド有り
レバレッジ 1倍(現物)
3.3倍(信用)
33倍 10倍
空売り 可能 可能 可能
取引時間 09:00〜11:30
12:30〜15:00
08:45~15:15
16:30~05:30
08:30〜翌7:00
※日経平均株価指数が22,000円程度の場合を想定。
※必要証拠金は定期的に変動しますので、最新値をHP等で確認してください。

これまで説明してきたように、日経ETF取引形態は株と同じです。現物取引と信用取引のがあり、それぞれの必要証拠金や決済期限の考え方も、株の場合と同じです。

② レバレッジ型、インバース型のETF

ETFではレバレッジ型、インバース型と呼ばれるものがあります。

レバレッジ型はその名の通り、ETF自体がレバレッジを持つものです。指数そのものの値動きの2倍、3倍の値動きをするように設計されています。

インバース型は、指数とは逆の値動きをするように設計されたETFです。指数が値上がりすると、ETFは逆に値下がりする設計です。

日経平均株価指数に連動するものとして、以下のETFが有名です。

ETF 愛称 説明
上場インデックスファンド日経レバレッジ指数 上場日経2倍 日経平均の2倍の値動き
NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信 日経インバース 日経平均と逆の値動き
NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信 日経ダブルインバース 日経平均と逆の2倍の値動き

単純に元となる指標と同じ方向、同じ倍率で動くものではなく、このように2倍、3倍、あるいは逆方向に動くETFを利用すると、資金効率がよく戦略的にも幅が広がります。

ETFに投資をするときは、こういった銘柄を選択するのも効果的です。

③ 人気のETF銘柄(株価指数ETF)

ETFのメリット・デメリットでも記載しましたが、ETFに投資する時は流動性が高いものを選択することが望ましいです。

流動性がある=人気がある=出来高がある、と考えればOKです。GMOクリック証券で取り扱いがあるような株価指数ETFは、いずれもその国を代表する株価指数です。

ファンドスコアの上位銘柄や、トータルリターンなどでスクリーニングして探しても良いと思います。楽天証券などのHPから簡単に探すことができます。

また、資金効率を考えてレバレッジ型の投資するのも良いと思います。元となる指数の2倍、3倍の値動きをするETFもあります。

レバレッジが大きいとその分ハイリスク・ハイリターンになりますが、投資資金が少ない場合は資金効率を上げるよい手段になります。

ETFを選ぶ基準 選び方
流動性 ・有名なもの
・人気があるもの
・出来高があるもの
パフォーマンス ・パフォーマンスの良いもの
・手数料の少ないもの
資金効率 ・レバレッジ型

ETFは投資信託でありながら、株式と同じように指値・成行で注文ができ、信用取引や空売りも可能です。

また、「分散」「積み立て」「長期」の投資の3要素に適した特徴を持っています。是非ETFをポートフォリオに組み入れてみましょう。

関連記事:先物とCFDの違い。どちらを選ぶか。

【投資の基礎知識】先物とCFDの違い。初心者でも絶対に分かるように日経225先物と日経225CFDを比較。どちらを選ぶべきなのか。 【更新】大幅にリライトして最新化。図や表を追加。[2020/03/15] 個別株の次に先物やCFDなどの株価指数(インデッ...

関連記事:株価指数CFD。配当金と金利を考慮する。

ほったらかし投資や積立投資では配当金を受け取れるCFDを選ぼう。銘柄ごとの配当金と金利を比較。日経先物には配当が無い。利率の良いイギリスのFTSE100がお勧め。 CFDへの投資では「配当金」が受け取れます。 日経平均などの指数投資を考えたとき、先物やオプション、CFDなどの選択肢があ...

関連記事:取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの違い。

取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの違いを比較。レバレッジと為替影響の有無。 この記事では、これからCFDを始めたい人に向けて「取引所CFD(くりっく株365)」と「店頭CFD」の違いと特徴を説明します。 ...
これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
取り扱い銘柄が豊富かつ手数料が安いネット証券大手。
米国株CFDは必須。金CFDや原油CFDなども。

◆SBI証券
ネット証券最大手。
個別株式(日本・米国)の他に、つみたてNISA、iDeCoなどにもお勧め。
SBI証券[旧イー・トレード証券]
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」。初心者向けの自動売買ツール。
アイネットFX
◆ひまわり証券
レバレッジの大きな取引所CFD(くりっく株365)を取り扱う証券会社。
日経225先物やNYダウ先物にお勧め。
くりっく株365
◆LINE証券
身近なツールであるLINE上で株を少額で売買できる。
軽く投資を始めたい人にお勧め。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
Tポイントが使える少額投資サービス。
1株から日本株を購入でき、手数料も安い。
SBIネオモバイル証券 口座開設