投資全般

ETF、先物、CFD。日経平均に連動するこれらの金融商品の違いは何か。どれを選べばよいのか。ETFという選択肢を考える。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
投資にはETFという選択肢もある。

ETF(exchange-traded-funds)という金融商品があります。

ETFとは簡単に言うと、指数に連動するように設計された金融商です。例えば、日経平均に連動するETFであれば、日経平均が上がればETFも上がり、日経平均が下がればETFも下がる、という具合に。

しかしETFはあくまでも「連動するように設計された別の金融商品」であるため、必要な資金や取引ルールが元となっている指数とは異なります。ここにETFを投資先とするメリットがあります。(もちろんデメリットも)

この記事では、主に以下について考察を纏めます。

  • ETFとはどんな金融商品か
  • ETFと先物やCFDとの違いは何か
  • どのETFに投資するのがよいのか

なお、ETFは数えきれないくらいに種類がありますが、この記事では日経平均に連動するETFをターゲットとしています。

同じ日経平均に基づく金融商品でも、ETF、先物、CFDと、それぞれにメリットやデメリットが違います。

また、短期投資を前提にするのか長期投資を前提にするのか、リスクをどれほど許容した運用をするのか、など投資スタイルによっても選択肢は変わります。

しかし、ETFという選択肢もあることを知っておくことは、投資を続けていくうえで有用なことだと思います。

ETFとは

日興アセットマネジメントのHPでは、ETFを以下のように説明しています。

特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

また、同じく日興アセットマネジメントのHPでは、ETFの特色を以下のように纏めています。この特色は、メリットと同義であると考えてよいと思います。

  • 簡単に分散投資
  • 費用が安い
  • 値動きが分かりやすい
  • いつでも売買できる

端的に言えば「リスク分散可能」「少額から始められる」「動きが読みやすい」「取引が柔軟」ということですね。

日経平均連動型ETFとは

この記事では株価指数を原資とするETFを対象としますので「日経平均に連動する」ETFについて紹介します。

日経平均はご存知ですよね?東証第1部に上場する株式のうち、代表される225銘柄の対象とした株価指数です。

この日経平均に連動するように設計された金融商品が日経平均連動型ETFです。ダイワや野村など、色々なところから色々な銘柄が出ています。

有名どころでは以下のような銘柄があります。

  1. 日経225連動型上場投資信託(225投信)
  2. 上場インデックスファンド日経レバレッジ指数(日経レバ)
  3. 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(ダブルインバ)

後で詳しく紹介しますが、後ろ2つのように「レバレッジ型」「インバース型」など、日経平均と1対1対応しない商品があるのが特徴です。

なお、日経レバレッジは日経平均と同じ方向に2倍の値動きをする商品ダブルインバースは日経平均と反対方向に2倍の値動きをする商品です。

日経平均連動型ETFと日経先物・日経平均CFDの違い

それではまず日経平均連動型ETF、日経先物、日経平均CFDの違いを見ていきましょう。なお、先物とCFDの違いについては以下の記事に纏めていますので、より詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

【投資の基礎知識】先物とCFDの違い。初心者でも絶対に分かるように日経225先物と日経225CFDを比較。どちらを選ぶべきなのか。 (2019/03/29 追記) 記事の最後にCFDを1万円から取引できるワンタップバイ10倍CFDについての記事を追加しました。 ...

それぞれを以下の金融商品として比べてみます。

ETF 日経225連動型上場投資信託(225投信ETF)
先物 日経先物mini
CFD 日経平均株価CFD

日経225連動型上場投資信託は名称が長いので、これ以降では「225投信ETF」と記載します。日経平均連動型ETFは他にもありますが、この記事では225投信ETFを取り上げて比較説明してみます。

これら3種は、いずれも「日経平均株価」に基づく金融派生商品です。それぞれに違いと特徴がありますので、それらを見ていきましょう。

以下の表は「GMOクリック証券」を基準にした場合で比較しています。

どの証券会社を使うかで、手数料、取引単位などが少し変わってきますので、ここではそれぞれの特徴を捉えて頂ければと思います。

225投信ETF 日経225先物mini 日経平均株価CFD
限月
(決済期限)
無し(現物/一般信用)
6カ月(制度信用)
有り 無し
取引単位 1口 100口 10口
必要証拠金
(1口あたり)
約22,000円(現物)
約6,600円(信用)
約69,000円 約22,000円
値幅 1口単位 5円単位 1円単位
手数料 95円/1枚 40円/1枚 0円
※スプレッド有り
レバレッジ 1倍(現物)
3.3倍(信用)
33倍 10倍
空売り 可能 可能 可能
取引時間 09:00〜11:30
12:30〜15:00
08:45~15:15
16:30~05:30
08:30〜翌7:00
※日経平均が22,000円程度の場合を想定。
※必要証拠金は定期的に変動しますので、最新値をHP等で確認してください。

上の表から分かるように、225投信ETF取引形態は株と同じです。

現物取引と信用取引の2形態があり、それぞれの必要証拠金や決済期限の考え方も、株の場合と同じです。

株の現物取引、信用取引をしたことがある人は、ETFにすんなり入れると思います。

取引時間や手数料も同じになりますが、これらは利用する証券会社によって少し違いはあります。

さて、まず上の表でざっくりと違いを抑えたところで、225投信ETFを主眼にして、少し説明を加えます。

決済期限が無い

日経平均連動型ETFは、現物または一般信用で取引をしている場合、決済期限がないことがメリットとして上げられます。

日経先物miniは「限月」という決済期限があり、期日が到来すると強制決済をされてしまいます。短期取引には良いですが、利確、損切りを上手に行う必要があるため、これらが苦手な人には向きません。

先物には決済期限がある

225投信ETFを現物や一般信用で買っている場合は返済期限がないので、まだ値上がりしそうな場合は決済せずに持ち続けることや、含み損を抱えた場合に解消するまで持ち続けることが可能です。

中期、長期を見越した運用ができるということです。

ただし、制度信用で取引した場合は6カ月で強制返済されます。このあたりは株の信用取引と同じです。

日経平均連動型ETFの場合、買いの場合は一般信用、制度信用どちらも可能ですが、売りの場合は制度信用のみとなります。売りの場合は決済期限があるので注意が必要です。

なお、CFDには返済期限はありません。決済期限だけで考えるとCFDが有利です。

  • 日経平均連動型ETFには決済期限が無い。(現物、一般信用の買いの場合)
  • 長期運用が可能

取引単位が柔軟

日経平均連動型ETFは基本的に1口単位から取引できますので、一度に大口の取引をする必要が無く、柔軟に取引を行えます。

ただし、証券会社や銘柄によっては10口単位、100口単位などもあるので、自分が利用している証券会社のHPをしっかりチェックしましょう。

例えば225投信ETFと日経先物miniとで同じように取引した場合を比べてみましょう。ここでは手数料等は全て無視します。

以下のように建玉を持った場合、最小取引単位から、このようになります。10円値上がりしたところで利確した場合を例としています。

買値 売値 建玉 差損益
225投信ETF 22,000円 22,010円 1(1口) 10円
2(2口) 20円
日経先物mini 22,000円 22,010円 1(100口) 1,000円
2(200口) 2,000円

上の表は極端な例ですが、225投信ETFの方が、差損益を細かく刻めることが分かります。

日経平均連動型ETFの種類や建玉の持ち方にもよりますが、ETFはローリスク(ローリターン)で取引ができるということです。

特に、これは含み損をなるべく持たないように運用したい場合に有効だと考えます。大きな単位で建玉を持ってしまうと、含み益だけでなく、含み損も大きくなってしまいますから。

日経平均連動型ETFであれば、10口や50口など小さめの単位で建玉を持てば、リスクを抑えながら運用することができます。

少額から始められる

1口単位から取引できるため、日経平均連動型ETFは、少額から始められます。

現物取引であれば、必要な資金は日経平均連型ETFと同額です。

例えば、225投信ETFが24,000円であった場合、24,000円あれば1つ建玉を持てることになります。これが日経先物miniだと最低100口からになります。(先物の場合、差金決済であり、レバレッジがあるので、単純に100倍の資金が必要というわけではないですが)

ETFの信用取引であれば現物の3.3倍まで取引できますので、必要な資金はさらに少なくて済みます。資金効率を良く運用することができます。

また、今回の例では日経225連動ETFとして「日経225連動型上場投資信託」を上げているので、ほぼ日経平均と同額ですが、他の日経225連動ETFの中には「日経平均に騰落率は連動するが金額は小額」なものもあります

例えば、現在の日経平均株価は約21,450円ですが、日経レバETFの価格は18,140円、ダブルインバースの価格は1,182円です。

このようなETFに投資すれば、さらに最低必要金額は小さくなります。

もちろん、日経先物miniや日経平均CFDは10倍以上のレバレッジが効きますので、当然これらの方が資金効率は良く、少額で大きな利益を狙えます。

ただしそれは、ハイリスク・ハイリターンということですので、少しの値動きで大損もあり得ます。どちらが適しているかは余裕資金や相場を読む力にも拠りますので、どうとも言えません。

しかし(先物で200万溶かしたこともある)私は、先物やCFDのハイレバレッジはあまりお勧めはできません。

限月によるCFDの方が返済期限がないだけ、先物よりはマシかなと思う程度です。

透明性が高く値動きが分かりやすい

これは株の個別銘柄と比べて、ETFも先物もCFDも全てに当てはまることです。

指数に対する投資なので、個別銘柄のように機関のおもちゃにされたり、ひとつの決算に踊らされたりということがありません。

日経平均という225銘柄の総合力、すなわち日本経済がターゲットになるわけですから、透明性が高く、また値動きも個別株に比べて分かりやすいということがあります。

株の延長でやれる

日経平均連動型ETFは扱いとしては株なので、株をやっている人はその延長線上で考えられるのも始めやすいと思います。

SBI証券や楽天証券など、株をやっている証券会社なら特別な手続きなど無しに始められます。信用取引の考え方や手数料も個別株と変わらないので、あれこれ調べる手間も要りません。

敢えて言うならば、今開いている証券口座の中で、どこの証券口座で始めればよいかくらいは調べてもいいかと思います。

手数料と投資したいETFの取引単位、最低この2つを調べれば良いでしょう。

レバレッジやインバースがある

これは次のETFのメリット・デメリットで詳しく紹介しますが、上で紹介した「経レバレッジ指数」「ダブルインバース」のように、ETF自体にレバレッジが含まれているものや、空売りの効果を持つものがあります。

これは先物やCFDには無いものです。ここにETFを選択肢として考えたい価値があります。

ETFのメリット・デメリット

ここまで、日経平均連動型ETFとはどのような金融商品なのか、日経先物や日経平均CFDと比べてどのような違いがあるのかを紹介してきました。

それらがそのままメリット・デメリットにもなるわけですが、ここで整理しておきます。

ただし、それらがメリットになるのかデメリットになるのかは、投資に対する考え方や投資スタイル次第です。あくまでも「自分の場合はどうか」を考えることが大切です。

日経平均連動ETFの特徴 評価 備考
決済期限が無い 売りの場合は6カ月。
取引単位が小さい
少額から取引可能
銘柄の種類(特徴)が広い レバレッジ型やインバース型で幅広い戦略が可能。

次の「選択したいETF銘柄」で紹介しますが、レバレッジ型やインバース型のETFは上手に利用することで戦略を広げることができます。

選択したいETFの銘柄

数ある日経225連動型のETFですが、選択するときの観点として考慮したいのは次の3点です。

  • 流動性があるか(人気か)
  • レバレッジ型
  • インバース型

まず流動性ですが、流動性があるかどうかは大事な観点です。

流動性がないということは「買いたい人」と「売りたい人」の需給が一致しないということ。「買いたくても買えない」「売りたくても売れない」という状況が起こり得ます。

いつでも取引できるためには流動性の高い(人気の高い)ETFを選ぶ方が無難です。

レバレッジ型とは、ETFそのものにレバレッジが含まれるタイプです。

つまり、日経平均の騰落率に一定の倍率が乗算されて変動するタイプのETFということ。簡単に言うと、日経平均が10%変動すると、2倍のレバレッジのあるETFは20%変動するということです。

値動きが大きくなるので、その分、リターンもリスクも大きくなります。

インバース型とは、元となる指数と反対の値動きをするETFです。

つまり、日経平均が上昇すればインバース型のETFは下落し、日経平均が下落すればインバース型のETFは上昇するということですね。

インバース型のETFは日経平均が下落基調の時に、買いのリスクヘッジとして買われたりします。

このレバレッジ型とインバース型は先物やCFDには無いので、上手に使うと有効な投資戦略となり得ます。

先物やCFDの場合は資金にレバレッジを効かせることで少額の資金で多数の建玉を運用することで資金効率があがりますが、レバレッジ型ETFは同じ建玉でも指数の値動きが大きいことで利益効率が上がります。

日経レバETF(レバレッジ型)

レバレッジ型で人気が高いのが「上場インデックスファンド日経レバレッジ指数」です。通称は「日経レバ」。

この指数は日経平均の2倍の値動きをするように設計されています。日経平均が10%上昇すれば、日経レバは20%上昇します。

先に説明したとおり、値動きが倍になるので利益も大きくなりますが、下落率も倍になるのでその分リスクは大きくなります。レバレッジ型のETFを運用するときは、建玉をあまり多く持ちすぎないように気をつけましょう。

また、中長期運用を前提として積み立て方式をとるのも有効です。

ダブルインバETF(インバース型)

インバース型で人気が高いのが「日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信」です。通称は「ダブルインバ」。

この指数はインバース型かつレバレッジ型で、日経平均と逆方向に2倍の値動きをするように設計されています。

日経平均が10%下落するとダブルインバースは20%上昇し、日経平均が10%上昇するとダブルインバースは20%下落します。

株を買う場合のリスクヘッジとして買われることが多いETFです。個別銘柄が下がっても、ダブルインバの指数が上がれがヘッジになるというわけですね。

株価が下落トレンドに入ると買いが増えるETFです。ただし、空売りと同意ですので、株価が上昇トレンドに入ると損切りの買い戻しで株価上昇の燃料にもなり得ます。

下げ基調の強い時には有効ですが、株価の軽い調整下落程度の時にはあまり強気では買わない方がいいと思います。

ETFは先物やCFDに比べ、より柔軟かつローリスクな運用戦略が可能な金融商品かと思います。先物のように常にチャートを見て取引タイミングを捉える運用スタイルではなく、積み立てのような長期視点での戦略立案が向いていると考えています。

上昇方向には日経レバ、下落方向にはダブルインバを現物や一般信用(無期限)で買い、中長期の視点で運用する。

そんな投資方法が考えられると思いますので、ETFを自分なりの投資方法の立案に組み込んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:投資信託とETFの違い。

【投資の基礎知識】投資信託とETFの違い。初心者はプロにお任せの投資信託。ハイリターンを狙いたいならETF。 投資信託って言葉を聞いたことはあるけど、よく分からない。 株式投資と何が違うの? ETFって言葉を聞いたことはあるけど、...
投資サービス・ツール