投資アプリ・サービス

お釣り投資「マメタス」の始め方。買い物のお釣りをウェルスナビに投資できる。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
お釣り投資するならマメタス

この記事では「お釣り投資のマメタス」の始め方を紹介します。

買い物のお釣りを投資に回すことができる「お釣り投資アプリ」が人気になっています。

その中でも、当ブログも運用している「マメタス」は、人気のAI投資「ウェルスナビ」へお釣りを投資するため、是非お勧めしたいアプリです。



こちらの記事で「マメタス」「トラノコ」「テオプラス」の3つの「お釣り投資アプリ」を比較していますので、マメタスについてより詳しく知りたい人は読んでみてください。

あわせて読みたい
おつり投資の積立アプリを徹底比較。マメタス・トラノコ・テオプラスの特徴を紹介。メリットもデメリットも全て分かる。 誰でも気軽に投資が出来るサービスとして「おつり投資」が登場してきました。 おつり投資はアメリカ発のサービスで、買い物をした時の...

マメタスの始め方

おつり投資の「マメタス」は、いったん登録して始めてしまえば、その後は放ったらかしでお釣り投資が可能です。

最初の登録・設定も難しくないので、この記事に沿って進めてください。

早い人であれば10~15分で設定が完了します。

口座開設などをゼロからスタートする人でも、1時間程度で終わるので頑張りましょう。

まずはマメタスをダウンロードしてください。

マメタス iPhone Android

アプリの登録

マメタスを始めるには、2つのアプリ登録が必要です。

どちらも既に登録している場合は、追加登録は不要です。

ウェルスナビ ロボアドバイザ(AI)投資サービス
Moneytree 家計簿アプリ


なお、マメタスはウェルスナビの口座とMonetreeの買い物情報を利用するため、マメタス自体に登録は必要ありません。

AI投資「ウェルスナビ」の登録

マメタスは、買い物のお釣りをAI運用のウェルスナビで運用するため、ウェルスナビの口座開設が必要です。

こちらのリンクから口座開設を行ってください。

また、スマホアプリが出ていますので、こちらから登録することもできます。

ウェルスナビ iPhone Android

なお、既にウェルスナビの口座をお持ちの方は必要ありません。

ウェルスナビで積立て投資などをしている場合、同じ口座でお釣り分も積み立てられます。

家計簿アプリ「Moneytree」の登録

マメタスは、買い物の情報を家計簿アプリの「Moneytree」から取得するため、Moneytreeの登録が必要です。

Moneytree iPhone Android

Moneytreeをダウンロードしたら、買い物情報を取得するクレジットカード、デビットカード、ポイントカードなどをMoneytreeに登録しましょう。

メインで使用するカードだけを登録しても良いですが、利用しているカード類をなるべく多く投資ておくのが良いと思います。

お釣り投資の機会が増えるだけでなく、Moneytreeで全ての使用履歴や残高を一元管理できるため、とても便利です。

マメタスの設定

ウェルスナビの口座開設、Moneytreeの設定が完了したら、マメタスの設定を行います。

基本的には画面の沿って進めていけば大丈夫です。

マメタスアプリ上でも、次のように設定状況を確認できます。

マメタス 設定のステップと設定後画面

この記事でも、上記のステップ順に説明していきます。

ユーザーを登録する

ユーザの登録は「ウェルスナビの口座開設」または「マメタスへのメールアドレス登録」で行うことができます。

ウェルスナビの口座開設は必須なので、そちら側で条件を満たせばユーザ登録は必要ありません。

また、ウェルスナビ口座開設はウェルスナビのHPでも可能ですが、銀行の投資付帯サービスとしても開設可能です。

以下のいずれかで口座を開設してください。

  • WealthNavi
  • WealthNavi for 住信SBIネット銀行
  • WealthNavi for ソニー銀行
  • WealthNavi for 横浜銀行

WealthNavi口座を開設する

上記のユーザ登録=ウェルスナビ口座開設なので、この時点でこのステップはクリアです。

リスク許容度を設定する

ウェルスナビの口座開設の後、ウェルスナビのアプリまたはサイトからリスク許容度を設定してください。

簡単な質問にいくつか回答を選択するだけです。

1~3分で終わります。

引用:ウェルスナビ公式サイト

なお、リスク許容度は口座開設せずとの実施できますので、興味があればウェルスナビのサイトで試してみてください。

マメタス引落口座を設定する

おつり分を投資のために引き落とす口座を設定します。

ウェルスナビで積み立て運用している人は、その引き落とし口座が設定されているので、この手順はスキップしてください。

ウェルスナビで積立てを設定していない人は、ウェルスナビの積立メニューから登録してください。

ウェルスナビ 積立設定方法

おつりを入金する

おつりは積み上がったタイミングでウェルスナビに送られ、投資運用されます。

マメタス おつりの入金

そのため、特にユーザ側での操作は不要なのですが、1点だけ注意があります。

マメタスは初期投資額として1万円が入金されないと資産運用が開始されません。

おつりが1万円に達するまで待っていても良いですが、すぐに投資運用したい人は1万円をウェルスナビ口座に別途入金しましょう。

ウェルスナビの積み立て運用などで、既に1万円以上が運用されている場合は、必要ありません。

Moneytreeと連携する

マメタスに家計簿アプリのMoneytreeを連携します。

Moneytreeへ事前に登録している場合は、メールアドレスとパスワードでログインします。

マメタスのアプリ上から、Moneytreeへ新規登録することもできます。

マメタス Moneytreeとの連携画面

投資に回すおつりの単位を設定する

以上で、マメタスの基本設定は全て終わりました。

最後に、投資に回すおつりの単位を設定しましょう。

「100円で支払った場合」「500円で支払った場合」「1,000円で支払った場合」の3パターンから選択して設定します

マメタス 投資に回すおつりの設定画面

単位を大きくするほど、お釣りの金額は大きく投資に回ります。

金額の設定と、貯金に回る金額の例を示します。

  1. 100円単位に支払い、お釣りを投資する
    • 350円の商品を買うと「400円-350円=50円」が貯金されます。
  2. 500円単位に支払い、お釣りを投資する
    • 350円の商品を買うと「500円-350円=150円」が貯金されます。
  3. 1000円単位に支払い、お釣りを投資する
    • 350円の商品を買うと「1,000円-350円=650円」が貯金されます。

始めのうちは「100円単位」で設定して、物足りなければ金額を大きくしていくのが良いと思います。

 

今回の記事では「おつり投資アプリ」の「マネタス」について、始め方を紹介しました。

投資に興味はあっても、いきなり何十万、何百万円もの大金を投資に回すのは、抵抗がある人が多いと思います。

まずは貯金間隔でお釣りを投資に回すことから始めてみてはどうでしょうか。

なお、おつりを「投資」ではなく自動的に「貯金」するアプリもあります。

もし興味があったら、読んでみてください。

あわせて読みたい
おつり貯金アプリの選び方。フィンビーとしらたまのどちらが良いかを比較。家計簿アプリと連携させよう。 以前の記事では、買い物した時のお釣りを自動で投資に回すアプリを比較、紹介しました。 https://kosuzumeinves...
投資サービス・ツール