LINE証券

LINE証券のたった2つのデメリット。銀行口座への出金に手数料が必要。

LINE 証券のデメリット

LINE証券は初心者におすすめの証券会社です。LINEアプリ上で完結するため使いやすく、仕組みやユーザインタフェースが分かりやすいです。

この記事では2つのデメリットを上げていますが、それを考慮してもメリットの方が大きいので是非やりましょう。

メリットはこちらの記事でまとめています。。

LINE 証券のメリット
LINE証券の4つのメリット。単元未満株のリアルタイム取引と最低水準の手数料当記事ではLINE証券のメリットを紹介します。LINE証券は初心者またはライトユーザ向けの投資サービスで、他の証券会社には無いメリットが...

LINE証券のデメリット

LINE証券のデメリットは次の2つです。

  1. 銀行口座への出金には手数料が必要
  2. 単元未満株(1株から)で取引できる銘柄が少ない
LINE証券のデメリット

① 銀行口座への出金に手数料が必要

LINE証券では2種類の出金方法があります。

  1. LINE Payへ出金する
  2. 銀行口座へ出金する

LINE Payへの出金は手数料が無料です。LINE Payを使っている人はこちらを選択する方法もあります。LINE Payを使える店舗も増えているので、この機会に使い始めるのもよいと思います。

銀行口座への出金には220円の出金手数料が必要です。手数料としては高くないですが、入出金手数料を取らない証券会社も多いので、デメリットに感じるかもしれません。

入金手数料 出金手数料
無料 220円

② 単元未満で取引できる銘柄が少ない

LINE証券では単元未満株を売買できます。通常の証券会社だと単元数(100株)単位でしか取引できませんが、LINE証券では1株から売買できます。

このような単元未満株の取引のことを「ミニ株」「S株」などと呼び、SBIネオモバイル証券などでも取り扱いがあります。

単元未満株で売買できる銘柄は、LINE証券では300株ほどです。一方で、SBIネオモバイル証券では東証1部、2部、マザーズ、JASDAQのほとんどの銘柄を1株から売買できます。

LINE証券 SBIネオモバイル証券
300株ほど 東証1部,2部,マザーズ,JASDAQ

銘柄数ではLINE証券はSBIネオモバイル証券に劣ります。ただし、有名企業の株は300銘柄にほぼ含まれるので、それらへの投資であれば問題ありません。

また、LINE証券はSBIネオモバイル証券と異なり、単元未満株の取引であってもリアルタイム取引(即座に約定)であり、LINE証券の大きなメリットになっています。

1株単位で株を買えるサービスとして、LINE証券は仕組みがとても簡単で直感的に利用することができます。そのため冒頭で記載したように、LINE証券はライトユーザ(少ない資金で軽く株をやってみたい)人に向いています。数万円~数十万円くらいの資金を考えている人は、LINE証券は良い選択肢と思います。

これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
米国株CFD、日本株CFDならびに株価指数CFD。商品CFDも豊富。

◆LINE証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。軽く投資を始めたい人に。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
1株から買える単元未満株を取り扱う。手数料が定額制で売買頻度が多い人に。
SBIネオモバイル証券 口座開設
◆PayPay証券(旧One Tap BUY)
1,000円から端数株(0.01株など1株未満)を購入できる。日本、米国の優良企業が揃う。
One Tap BUY
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」
アイネットFX
◆ひまわり証券
高レバレッジCFDのくりっく株365。配当もある日経225やイギリスFTSEに。
くりっく株365
◆SBI証券
ネット証券最大手。つみたてNISA、iDeCoにも。
SBI証券[旧イー・トレード証券]