LINE証券・LINE FX

LINE証券の4つのメリット。単元未満株のリアルタイム取引と最低水準の手数料

小雀ちゃん
小雀ちゃん
単元未満株でリアルタイム取引できるのはLINE証券くらい。手数料も最低水準

当記事ではLINE証券のメリットを紹介します。

他の証券会社には無く、LINE証券だけにあるメリットが結構あります。

LINE証券のメリット

仮にメイン口座として使わないとしても、サブ口座として持っておきメリットだけ享受するのもよいと思います。

LINE証券のメリット

LINE証券ならではのメリットは次の4点です。

  1. 単元未満株でリアルタイム取引が可能
  2. 3株まで無料で買える初回キャンペーン
  3. 最低水準の手数料
  4. 特別なツールが不要(LINEだけ)

① 単元未満株でリアルタイム取引

LINE証券では相対取引と取引所取引の2通りの取引方法があり、相対取引では単元未満で株を売買できます。

当ブログでは相対取引こそLINE証券のメリットがあると考えるため、この記事でもそちらにフォーカスして説明します。

相対取引 取引所取引
1株から売買できる。 単元数(100株)で売買できる。

いわゆるミニ株、S株などと呼ばれる単元数(100株)以下で取引できるもので、SBIネオモバイル証券なども同様のサービスを提供しています。

LINE証券の特徴は、単元未満株を「リアルタイムで取引」できるという点です。

実は、例えばSBIネオモバイル証券のS株も単元未満(1株から)で取引できますが、場中に成行注文を出しても約定タイミングが限定されます。(後場の始値、翌日の前場の始値など)

こういう場合、注文を出したタイミングと約定のタイミングが異なってしまうため、不利な価格で約定してしまう場合があります。

LINE証券はリアルタイム取引

LINE証券ではリアルタイムで約定されるため、成行注文を場中に出した場合は即座に約定されます。

リアルタイム性は、特にデイトレードなどには必須です。デイトレードでないにせよ、約定タイミングが限定されてしまうと期待した価格での売買ができません。

この点で、LINE証券は他の単元未満株を取引できる証券会社よりも利点があります。

② 3株まで無料で買える初回特典

これは必ず貰っておきましょう。LINE証券では3株が無料でプレゼントされる初回キャンペーンを実施しています。

HPでは期間限定と書かれていますが、ほぼ永続キャンペーンと化していますので、口座開設したら忘れずにもらっておきましょう。

口座開設後に簡単なクイズに答えることで、正解数に応じて最大3株まで特定の株を無料で買うことができます。

クイズの例などはこちらの記事にあるので口座開設時に参照してください。

LINE証券の初株キャンペーンで3株を無料で買える。タイムセールは7%割引。 LINE証券では初株チャンスキャンペーンと称して、口座開設時に3株まで無料で株を買えるキャンペーンを実施しています。 キャンペ...

また、LINE証券では株のタイムセールを定期的に行っています。株の割引セールをする証券会社は他にないので、これにも利用できるとよいでしょう。

LINE証券の3株無料とタイムセール

③ 取引コストはスプレッド制(0.05%)

LINE証券の手数料は取引方法で変わりますが、1株から買える単元未満株の相対取引はスプレッド制です。

手数料 取引コスト(スプレッド)
日中取引 0円 0.05%
夜間取引(17時~21時) 0円 0.5%

LINE証券では単元未満株でも夜間取引ができます。

単元未満株で夜間取引ができるのはLINE証券だけです。とはいえ、夜間取引を利用することはあまりない(手数料も上がる)ので、これは特別なメリットにはなりません。

例えば1,000円の株を日中に10株購入すると、スプレッドは5円になります。これは例えばワンタップバイなどの他の単元未満株の証券会社よりかなり低いです。

リアルタイム取引であることから、デイトレードにも使える水準だと思います。

④ LINEアプリ上で取引できる

LINE証券では特別なアプリやツールは不要です。いつも使っているLINEアプリから取引ができるため、とても使い勝手がよいです。

LINE証券での取引方法はこちらの記事で説明しています。口座開設手順も説明していますので、記事のとおりに進めれば簡単に開設できます。

【LINE証券】口座開設~入金~株(1株から)の購入手順。米株ETFもある LINE証券の口座開設手順と、株式、ETFの買い方を説明します。LINE証券では1株から購入でき、さらに米株ETFにも投資できます。...

LINE証券は「単元未満株のリアルタイム取引ができる」という点で、他の証券口座と差別化して利用する価値があります。手数料(スプレッド)が低いのもメリットです。

取引所取引(単元数の単位で取引)の場合は他と比べて優位性は大きくないですが、単元未満の相対取引を利用する場合は優位性があります。

選択肢を広げるという意味で利用するとよいと思います。
LINE証券口座開設
LINE証券のデメリットについてもこちらの記事にまとめています。大きなデメリットはありませんが、取扱い銘柄数などは知っておくとよいと思います。

LINE証券のたった2つのデメリット。銀行口座への出金に手数料が必要。 LINE証券はどちらかと言うとライトユーザ向けで、その仕組みやユーザインタフェースも初心者や手軽な投資向きです。 メリットを説...
これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
取り扱い銘柄が豊富かつ手数料が安いネット証券大手。
米国株CFDは必須。金CFDや原油CFDなども。

◆SBI証券
ネット証券最大手。
個別株式(日本・米国)の他に、つみたてNISA、iDeCoなどにもお勧め。
SBI証券[旧イー・トレード証券]
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」。初心者向けの自動売買ツール。
アイネットFX
◆ひまわり証券
レバレッジの大きな取引所CFD(くりっく株365)を取り扱う証券会社。
日経225先物やNYダウ先物にお勧め。
くりっく株365
◆LINE証券
身近なツールであるLINE上で株を少額で売買できる。
軽く投資を始めたい人にお勧め。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
Tポイントが使える少額投資サービス。
1株から日本株を購入でき、手数料も安い。
SBIネオモバイル証券 口座開設