投資アプリ・サービス

【LINE証券】口座開設→入金→株・ETFの購入手順。米株ETFにも投資できる。

小雀ちゃん
小雀ちゃん
LINE証券の口座開設手順と株・ETF購入手順。米株ETFや投資信託も買える。

LINE証券の口座開設手順と、株式、ETFの買い方を説明します。LINE証券では1株から購入でき、さらに米株ETFにも投資できます。
LINE証券口座開設
毎日使うプラットフォームであるLINEの中で、全ての取引が完了します。手軽に投資を始めたいと考えている人にとって便利な投資手段だと思います。

当記事では、手順を全て画像付きで説明しているので、簡単に進められます。

  1. LINE証券の口座開設手順
  2. LINE証券での入金→株・ETFの買い方

初株キャンペーンで3株を無料で買えたり、定期的な株の7%割引キャンペーンなどLINEならではのオトクも多いです。

LINE証券の初株キャンペーンで3株を無料で買える。タイムセールは7%割引。 LINE証券では初株チャンスキャンペーンと称して、口座開設時に3株まで無料で株を買えるキャンペーンを実施しています。キャンペーン期限...

また、株だけでなくFX(外国為替取引)もできますので、この機会にLINE証券で投資を始めてみてください。

① LINE証券の口座開設手順

LINE証券は、スマホから簡単に口座開設できます。LINEはもう使っていると思うので、アプリをインストールする手間はありません。

① 口座開設申し込み

LINEの「ウォレット」から「証券」を選択します。「スマート投資」ではないので注意してください。LINE証券とスマート投資は全くの別物です。

LINE証券の口座開設手順_01

① 利用規約同意と確定申告方法の選択

利用規約に同意します。

確定申告の方法は「LINE証券に任せる」を選ぶと確定申告が不要になります。「自分で確定申告する」を選ぶと、毎年3月に確定申告をする必要がありますので注意してください。

LINE証券の口座開設手順_02

② 本人情報の入力

住所、氏名などの本人情報を入力して、SMS(ショートメール)で認証します。入力した電話番号の携帯電話にSMSが送信されますので、メールに記載された番号を入力すれば承認完了となります。

LINE証券の口座開設手順_03

③ 本人確認書類の提出

本人確認書類を提出します。本人確認書類は2パターンです。

  1. マイナンバー通知カード + 運転免許証
  2. マイナンバーカード + 運転免許証
LINE証券の口座開設手順_04

マイナンバーカードが無くても通知カードで口座開設できますが、マイナンバーカードは他にも便利な用途があるので市役所で発行しておきましょう。コンビニで住民票を発行できたりと、利便性の高いカードです。

以上で口座開設は完了です。審査に2営業日ほどかかりますが、すぐにメールで口座開設の連絡があります。他の証券会社と比べても、LINE証券の口座開設スピードは早いです。

LINE証券の口座開設手順_05
LINE証券口座開設

② 入金→株・ETFの買い方

この章では次の2つを説明します。

  1. LINE証券への入金方法
  2. 購入できる株・ETFと購入方法

LINE証券への入金方法は「銀行振込」「LINE Pay入金」の2種類あります。LINE Payを利用している人はLINE Pay入金を利用するとお得です。

LINE証券では「国内株」「ETF」「投資信託」に投資できます。S&P500ETFなど、米株インデックスにも投資ができます。1株(1数量)から購入できるので、少ないお金で投資可能というメリットがあります。

① 入金

LINE証券の入金は「銀行振込」「LINE Pay入金」の2種類あります。

LINE Payを使っている人は、貯まったLINEポイントも入金に利用することができます。買い物などで溜まったポイントを利用できるためお得になります。

LINE Pay入金の手順

LINE Payは店頭などでの買い物でも使えるキャッシュレス決済です。銀行口座などからのチャージにも手数料はかからないので、まだ利用していない人も、使えるようにしておくと便利だと思います。

「入金」を選択→「LINE Payから入金」を選択→「入金額」を入力→「入金する」を選択、の順で入金します。

LINE証券の入金手順_01

銀行振込の手順

銀行振込は、用意されている入金専用口座に振込む方式です。ネットバンキングやATMなどから、指定された入金専用口座へ振り込んでください。

振込手数料は振込元負担になりますので、あまり頻繁に振込をしていると手数料の支払いが多くなります。なるべく少ない回数で入金しましょう。

LINE証券の入金手順_02

振込手数料は、振込元の銀行によります。同銀行の場合は無料、月2回まで振込手数料無料など、各銀行の無料振込を利用しましょう。

② 株・ETFの購入(1株から購入可能)

入金が完了したら、株・ETFを購入できるようになります。

LINE証券では1株(数量1)から購入できます。

通常の証券会社だと、単元数での購入となり、1単元=100株が多いです。つまり、ある株の現在価格が1,000円であり、1単元が100株だとすると、1,000円×100株=100,000円の資金が必要になります。

LINE証券は数量1から購入できるため、小額から投資ができる点が大きなメリットです。

LINE証券の株・ETF購入方法

検索画面から買いたい銘柄を検索するだけでなく、値上がり率やIT・医薬品などのテーマごとの銘柄を探すこともできます。

LINE証券の株・ETF購入方法

ETFも充実しており、例えば以下のようなETFを数量1から購入できます。

LINE証券で買えるETF
S&P500ETF 日経WインバースETF 原油ETF
ナスダック100ETF TOPIX上場ETF 金ETF
NYダウETF 日経レバレッジETF VIX短期先物ETF

株価指数、商品指数など、広範囲の主要ETFをカバーしています。これらも少額から投資できるため、分散投資もし易いと思います。
LINE証券口座開設

③ 3株無料キャンペーンと7%割引

LINE証券では、口座開設の特典として3株まで無料で株を買えるキャンペーンを実施しています。また、定期的に7%割引で株を買うことができるタイムセールも実施しています。

これだけでLINE証券を開設する価値はあります。特に、タダより安いものはないので、無料の3株は確実にゲットしておきましょう。

詳細はこちらの記事で説明しているので、LINE証券に口座を開設したらタダ株をもらっておきましょう。

LINE証券の初株キャンペーンで3株を無料で買える。タイムセールは7%割引。 LINE証券では初株チャンスキャンペーンと称して、口座開設時に3株まで無料で株を買えるキャンペーンを実施しています。キャンペーン期限...
LINE証券口座開設
これだけは持っておきたい口座

◆GMOクリック証券
取り扱い銘柄が豊富かつ手数料が安いネット証券大手。
米国株CFD、金・原油CFDなど。

◆SBI証券
言わずと知れたネット証券最大手。
個別株式の他に、つみたてNISA、iDeCoなどにもお勧め。
SBI証券[旧イー・トレード証券]
◆アイネット証券
FX(為替取引)の自動売買「ループイフダン」。初心者向けの自動売買ツール。
アイネットFX
◆ひまわり証券
レバレッジの大きな取引所CFD(くりっく株365)を取り扱う証券会社。
くりっく株365
◆LINE証券
身近なツールであるLINE上で株を少額で売買できる。軽く投資を始めたい人にお勧め。
LINE証券口座開設
◆SBIネオモバイル証券
Tポイントが使える少額投資サービス。1株から日本株を購入でき、手数料も安い。
SBIネオモバイル証券 口座開設